生きるとか仕事とか自意識とか

年齢を重ね経験が増える一方で、常識や固定観念に縛られていく。日々小さな気づきで少しずつでも成長したい。自分なりの「生きる」を見つけるための道。

「精神的な成長」とは「不感」なのか

精神的な成長、人間的な成熟みたいなものを考えることがある。 それは「不感」のような状態を想像させる。 何というかどんな物事にも心が動かず、 寛容で俯瞰で物事を見ているような感じ。 また、感情的になることもない。 そんな坊主や仙人のようなものにな…

なるほど。「前提」が違うのか

久々に仕事でモヤモヤしていました。 上司と会話がすれ違ったからです。 その上司は仕事もできるし、 私はむしろ好きな上司なので、 指摘が正しいことが多いので普段はあまりモヤつくことも少ないのですが、 本件に関してはなぜかモヤモヤしている。 それが…

「モテない」期間が人を成長させる。

今は幸いにもパートナーがいます。 素敵な方で幸福を感じております。 でも、なんだろう。 完全に思考が停滞しだした感じがするのです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しかし、私は小学生まで太っていました。 中学生になり部活をや…

押し付けられた「感謝」

1.はじめに 2.「不快」と言う感情の発生 3.何への「不快」なのか 4.私は主体に「不快感」を抱いている 5.カテゴライズ 6.能力と理解 7.利他 8.「最終的なアウトプット」-「発生源」 9.「感動」の押し付け 10.総論 1.はじめに ある日の午後、ふとした会話の中…

岩井さんの「あるあるネタ」の考え方に学ぶこと

最近「ハライチのターン」をちょこちょこきくんです。 そこで岩井さんがこんなことを言っていました。 あるあるネタのベスト比率は あるある:7 たしかに:3 (記憶で書いているので間違っていたらすみません) 「あるある」は知っていること 「たしかに」は…

わたしにとっての「一貫性」の定義

自分の性格って一言で言うとなんなんだろう?と考えていたわけです。 そんなのなかなかわからないじゃないですか。 なので、言葉を見ていって一番しっくりくるやつを 自分の性格としようと考えたわけですね。 ほんでその中で一番しっくりきたのが、 「一貫性…

自分の「性格」という不確かなもの

・就活の時 ・何かのプロフィールを書く時 ・自己紹介の時 「性格」について考えることありませんか? 僕は未だに自分の性格を問われると、 悩むことが非常に多いです。 自分というものがよくわからないからです。 就活の時なんぞは、 「根気があります!!…

「こども」を手放しで「良いもの」と決めつける文化

こどもに関係をする仕事をしていると、 こどもの話題にやはりなるんですよね。 そんな時いつだって「こども」は「良いもの」として扱われます。 確かに生まれてきた生命に罪はありません。 でも、何でこどもって絶対的な「良いもの」として扱われるんでしょ…

会費制ジムの年末年始休みってどうなの?

ただの愚痴です。 月会費制のサービスを提供するってことは、 ユーザーが使いたい時に使えるってことがある程度前提になるし、 ユーザーが使いたいタイミングを想定することになりますよね。 ジムのグレードにもよるかもですが、 大半がサラリーマンなどカレ…

心も体も「裸」になる場所

スパのいいところの一つ。 それは人の結構真食った話を聴くことができることである。 なんでなんだろう? なんとなく普段話していないことを話したくなる。 というか話すことが礼儀のように感じる。 せっかく物理的にも裸なのだから、 それらしい心持ちでい…

「不可能なこと」としての尊敬 「可能なこと」としての尊敬

ここ数年割と色々な「経験」を重視して生きてきました。 そこで気づいたことがあります。 客として何もしないとき、 「魔法」に見えるものがある。 「魔法」で終わらせないと決意して、 どうにか「魔法」使ってみようとする。 すると下手なりに「魔法」が「…

あの子は「強くなかった」のかも

中学時代の同級生に、 ・愛嬌 ・行動力 ・容姿 ・はっきりとした性格 ・自分の考え を兼ね備えた割と尊敬している女性がいます。 学生時代は何というか「わがまま」と片付けていたのですが、 よくよく話をしてみるとちゃんと自分を持っている人なんだなって …

脳が作り出した物語を生きる、そして人は「不幸」になる

どこぞやの哲学者は 最大の不幸は人として生まれたこと だとか言っていたそうです。 生まれた以上不幸である私たちですが、 何となく死という選択肢は選びにくい状況にあります。 だとすれば生きなければならない。 不幸な私たちという前提を背負って生まれ…

「世界を知る人」と「芸能界を知る人」の争い

私はあまり海外に行ったことがありません。 こういうのは育ってきた環境や親っていうのが大きく寄与するんでしょうね。 新しいことをいろいろやってみたいという思いはあるものの、 言語の壁というのは自分にとっては結構大きいし、 積極的に超えたいと思う…