社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

培養液に浮いた脳であることを否定できないと言うこと

日々いろんなことを感じ生きています。

 

おそらく誰もがこの人生の主人公であると思って生きています。

 

一方で他人を妬んだり羨ましがったり、

もしくは蔑んで見たりしているんですよね。

 

で、この見えている世界が本当に存在しているかって

わからないわけなんですよね。

 

5感のうちいくつかは脳への刺激や、

その他の方法で再現できていることを考えると

近いうちに全ては再現できるようになるはずです。

 

これ以上発展していくと、

5感全てがバーチャルで再現できるようになると考えられます。

 

そしてその行く末は現実とバーチャルの境がなくなります。

 

そしてその場合脳さえ動けばなんとでもなるので、

ドラゴンボールのセルを生み出した、

ブクブクってやつに脳が浮かんでいる状況だって

十分にありあえてくるんですよね。

 

そして今の私がそうでないことって誰も言えないと思うんです。

 

だって何が起きてもそういう風に脳に指令を与えて、

そのように見せていると言ってしまえばそれまでじゃないですか?

 

だとすれば人生って空虚なもんだよなぁ。

 

こんだけ苦悩しているのも、

もしかするとゲーム要素の1つにすぎないかもしれないんですよね。

 

超絶イケメンのイージーモードだとちょっと

簡単に死寝ちゃうから少しブスにしてみよう

みたいな程度の話かもしれないのですよ。

 

でもロープレゲームとかだと

ハードモードでゲームする人もいるくらいだから、

今の人生はもしかするとそれなりに楽しいのか・・?

 

いきなりレベル100だと流石に80年は退屈だし。

 

レベル3の今も捨てたもんではないのかもしれないですよね笑

 

なんてくだらないことを考えるGW前。笑

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

職場の同僚が辞めてノスタルジックになることはないですか

題名の通りです。

 

会社の同僚が辞める事になりました。

正直すごく上司を攻めたい気持ちしかありません。

 

でも人を責められるほどのことを私はしたんですかね。

 

近くにいた以上私にも責任はあったんでしょう。

 

みんながその責任を感じる必要があると思うんです。

 

誰のせいにもしない。

責任の一部は自分にある。

その気持ちを忘れてはいけないんですよね。

きっと。

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 


無理やり本を貸す自分よがりな先輩っているよね

やたらと本を読めと進める人は、

自分の価値を見出したいのだと思う

 

こんな本を読んだ自分

こんな本を勧められるほど理解している自分

 

全て自分ありき。

 

本って刺さるときと

刺さらないときがある。

 

それって人にもよるし、

日にもよるし

タイミングにもよる

 

もしかしたら天気にもよるかもしれない。

そのくらい曖昧なもの

 

なのに自分に響いたからみんなに響くと思っている

 

すごいエゴ。

 

読みたいと思った時に読ませてあげなよ

 

もしくは読みたいと思わせてあげなよ

って思う

 

 

 

 

 

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 

美味しい餃子とは何なのか

餃子が好きです。

美味しい餃子とは何なんでしょうか。

 

結構巷では皮がパリッとしてとか

もちもちしてとか言いますよね。

 

僕は皮は薄い方が好きです。

 

皮が厚いと味のバランスが悪くなる。

モチモチしているとカロリーたかそうだし。

 

私は餡の味を楽しみにしているわけで。

 

だから薄皮、餡の味がしっかりしていることが

非常に重要です。

 

そしてニンニク生姜についてですが。

 

ニンニクの存在感は主張しすぎない方がいい

でも縁の下の力持ちのように支えてくれる

それが最高の餃子だと思っています。

 

どこかに最高の餃子ないかなぁ・・

 

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 

気づけばブログというものを1年以上も続けている

ブログを始めたのが

2017年の5月。

 

もう気づけば一年以上も続けているのですね。

 

別に何かを与えられるわけでもない。

なにかを得られるわけでも多分ない。

 

でもなぜだかやり続けられていることが不思議です。

 

そもそもは発信すること自体苦手で、

自分の思いを言語化するのもあまり好きではなかった。

もしくはそう思おうとしていたのかもしれません。

 

一方でこんなくだらない雑記であっても誰かには響いたり、

ちょっとした共感を得られることもあるという不思議。

 

みんなメランコリックにsnsやらネット時代を叩くけど、

こんな不特定多数や、顔を知らない誰かと

ある種根底にある価値観で繋がれることなんて簡単には許されなかった時代を思えば、

こんな今の時代も愛おしいのではないでしょうか。

 

みんなが共感できて、

私もスッキリできること。

そんなことを少しでも発信して。

 

まずは私が救われること。

 

そして私以外の誰か一人でも

救いの足がかりを得られること。

そんなことを目標に死ぬまでダラダラ

文章を発信し続けたいなぁ・・

人を好きになる上で思いの外大事なこと1位(個人的見解)

 

以前好きになった女性がいたんです。

 

で、自分のこの感情をひも解くために

僕はその人の何を気に入っているのだろうか。

と考えたのです。

 

ノートに書きました。

 

・顔

・身長(低め)

・気取ってない感じ

・服装(派手すぎない)

・声

・お酒好き

・話が合う

Mr.Children好き

・金銭感覚が似ている

・いい感じに雑

 

などなど色々思いつきました。

 

でも内面的な部分って結構後になってわかったことが多くて、

多分、僕が気に入ってしまった後に後付け的につけた理由なんですよ。

 

じゃあ顔とか服装とか身長とかがキーポイントだったのか・・?

 

そう思うとまぁ割とその条件に当てはまる人は世の中には結構いるわけで。

 

複合的に持っているというのは

1つの重要なファクターであるのはすごくわかるのですが、

なんかそれにしてもこの人にハマるのはなんなんだろう・・・

 

となった時に、

1つ残っている項目に気づいたんですよ。

 

そう。

 

「声」

 

声なんです。

 

その方の声がちょっとハスキーで、

落ち着いている感じなんですよね。

 

和久井映見を少し格好良くしたような声。笑

 

思い返すと、昔から声に特徴のある人が好きだったんです。

逆にどんなに可愛くても声が違うとどハマりしない。

 

実はかなり重要なファクターだったと気づきました。

 

視覚情報が大事なのは誰もが気づいていますが、

聴覚の情報もかなり大事で、

下手をすると長く一緒にいるとなると、

聴覚の情報の占める割合がだいぶ増えるんですよね。

 

隣にいることが増えるはずなので。

 

そういえば中学の時に一番モテていた女の子。

顔的には中の上って感じだったんですが、

圧倒的なモテ方をしていました。

 

今ならわかる。

声が可愛かったんだなと。笑

 

まぁ声って基本的には変えられないもんなのであれですが。

普段高い人は少し低めにしたり、

話すのが早い人はゆっくり話すとかだけで、

新しく会う人の印象はだいぶ変わるのではないかと思うのでした。

 

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 


今と変わらない思考性を小学生の卒業文集に感じる

時々急に断捨離をしたくなる日があるんです。

押入れの中身を引っ張り出して、とことん捨てていく。

 

そんな手を止めるのが「卒業アルバム」であることは

誰しもが共感できることだと思います。

 

過去の卒業アルバムを見ていくと、

なんとも不細工な過去の私の写真に

少し恥ずかしくもあり、

幾らかはマシになったなぁと安心したり。

 

そんな中よくテレビで芸人さんなどが

過去の卒業文集をネタにされているのを思い出し、

ちょっとのぞいて見たんですよね。

 

すると1/4が下手な絵で埋められており、

とにかく尖っているんです。

 

尖っているっていうのはやんちゃとか

そういうわけではなく。

 

精神的な尖がもろに見えるんです。

 

修学旅行の思い出を書いているのですが、

全く中身がない・・!

 

今にもこんな文章を書くことになんの意味があるんだという

声が紙から聞こえてきそうなほどです。

 

そして多分いろんなことに当時から興味がなかったのと、

それを正当化しようと中身がないことを

強がりつつ自分はダメじゃないと思いたい

意思もなんだか伝わってくるものでした。

 

あぁこんなに小さい頃から自分の思考性は形成され、

角を取り丸くなり、形を変えつつも

根っこでの性根の曲がっている部分は変わらないんだな。

 

中身のない文章でもそいつを知っているからこそ

見える裏の言葉が伝わってくる。

 

どんな拙い言葉でもその時々の思いを

言葉に形に残すというのは色々な価値があるようです。

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 

 

 


スポンサードリンク