社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

どんな場合にも議論に意味はない。

 

 

f:id:takahakokun1011:20170716101850j:plain

私は小さい頃から

ディベートみたいなものが

結構好きでした。

 

今でも好きな方です。

 

仕事なんかをしていると、

破綻した論理を並べたり、

全くもって筋の通っていない

話をされると、

相手を言い負かしたくなります。

 

 

というか時々言ってしまうこともあります。

 

 

そんな時に耳にした言葉がありました。

 

 

『議論に負けたとしても

その人の意見は変わらない。』

 

確かに言い負かしたところで、

相手は黙るかもしれませんが、

根本的な意見は基本的に変わりません。

 

ましてや相手にはその時

負の気持ちが芽生え、

相手は事あるごとに私たちを

言い負かそうと躍起になる

かもしれません。

 

つまりは言葉だろうが、

武力だろうが、

ねじ伏せて相手を負かすことで得られるものは、

一時の満足感とその場だけの

勝利なのです。

 

特に我々がする議論の多くは

本当はどうでもいいことが多いのです。

 

自分のメンツなどを守るためのくだらない。

 

そんなものなら相手に譲ってあげることが

自分自身の人生や生活を円滑にする上で

とても大切なことなのかもしれません。

 

 

<テラスハウスのイメージくらいしない!>『ルームシェア』をする人たちへの疑問と生態

 

 

 

 

ルームシェアって今流行っていますが、

テラスハウスとかテレビのイメージだけで、

実際のところどんな感じなんだろう

と思ったことはありませんか?

 

私はルームシェアというとロンバケを思い出します。。笑

 

ルームシェアへの憧れと軽蔑

 

私自身一人暮らしが長いため、

人と暮らすことには憧れがあると同時に、

赤の他人と暮らすなんて・・・

という相反する2つの気持ちを持っていました。

 

ルームシェアに向かない自分

 

何より私は寛大な方ではないので、

事あるごとにイラつく自身があります。笑

 

そして気の合う2、3人ならまだしも、

7〜8人なんかで暮らしている

人も多くいるというのです。

 

ルームシェアをする人たちとの出会い

 

いやぁ全く理解できん。

と思っていたところ、

たまたまルームシェア

している方たちに話を聞く機会がありました。

 

皆非常に気さくで、

人見知りもなさそうな方々です。

 

◉他人と住むということの難しさ

 

でもやはり一緒に暮らすという事は

それらの事柄だけでは

成立しないと私は思います。

 

全く環境の違うところで育ってきた人間同士です。

それぞれの常識は相手の常識ではないのです。

 

それほど他人と住むということは

難しいことだというのが私の位置付けです。

 

ルームシェアをする人達の他人と住むことへの捉え方

 

そして何人かにその点をぶつけたところ、

こんなことがわかりました。

 

f:id:takahakokun1011:20170825202256p:plain

  • 一緒に住むということをそんなに重く捉えていない
  • 同居人に対しての関心がさほど強くない
  • 結構ドライ
  • 今しかできないという意識が強い
  • 結構寛大であり、ある意味ズブい

f:id:takahakokun1011:20170825202256p:plain

 

ルームシェアはドライだから成り立つ?!

 

その中でも一番驚いたのは、

ドライだということです。

 

あまり同居人への関心が低く

飽くまで一緒に住んでいる人

なのです。

 

ですから、何をしていようが、

飽くまでそこまで介入しないし、

一定の距離を保ちながらも、

楽しく暮らしているという感じらしいのです。

 

私のイメージではズブズブに仲良くなり、

互いに干渉しあい、

良くも悪くも兄弟のような

関係なのだと思っていました。。

 

ルームシェア間のトレード

 

もう一つ驚きなのが、

ルームシェアをしている達同士で、

横のつながりがかなり広く、

その横の繋がり間で住む場所を移動

したりするのです。

 

それはお互いのルームメイトを

交えた会議のようなもので

決定するそうなのです。

 

どんな内容の会話になるのかは

想像つきませんが・・。笑

 

◉私の間違ったルームシェアをする人々へのイメージ

 

また1つ新たな発見だったのが、

みんな凄くしっかりしている人

多いということです。

 

私の偏見に満ちた

ルームシェアをする人たちへの

イメージというのは、

どこか能天気で、

何も考えていない。

いわば中2病のようなイメージ

でした。笑

 

しかし実際に話してみると、

全ての人がそうではないと思いましたが、

高級マンション(シェアによって)

に若いうちで住んでおくことは、

今後の視野を広げる意味で価値があるのでは。

 

とか、

 

横のつながりを増やしたい

 

とか、

 

元々は人見知りで狭いコミュニティで生きてきたが、

一度しかない人生だから

もっといろいろなことを経験してみたい。

 

とか、

 

それが正しいのかは別として、

そこにいる人たちは、

それぞれの考えを持って

そこにいるのだということがわかりました。

 

偏見に満ちた僕なんかより

よほど人生というものをしっかりと

捉えて前向きに生きているのです。

 

若いうちにあのような経験をしているというのは

様々ある成長の道の1つ

なのだなぁと

考えさせられました。

 

突発的な自分の未熟さは、偉人達と比べてどうなんだろう??

世の偉人はどうなのだろうか。

 

本を読んだり。

色々な人の話を聞いたり。

 

色々な知識が入ると、

色々な考え方が芽生えます。

 

自分自身前向きに進んでいっていると思うのですが、

やはり突発的に出てくる部分は非常に愚かなのです。

 

ちょっとしたことで

イラついている自分がいる。

 

昔はその感情のまま突き進んでいました。

 

今は色々な知識や考え方の蓄えのおかげで、

イラつきの後に冷静な考えを持ってくることができるようにはなりました。

 

しかしその突発的なイラつきが

自分の人間としての未熟さを体感せずには

いられないのです。

 

偉人や悟りを開いたような人は、

どのような思考回路になっているのでしょうか??

 

私みたいに一旦心の乱れがあり、

それを整理するのが早いのか?

 

それとも乱れがなく、

全てをそのまま受け入れているのか・・?

 

後者になりたいとは思いますが、

今の自分からはそのような

レベルに到達できるとは到底思えないのです。。。

 

果たして・・?


生き方ランキング

仕事前は何をしていますか?仕事後は?仕事にだけ照準を置いた生活が充実するわけがない!

仕事の前後をどうやって過ごしているだろうか。

 

 

 

朝は仕事へ行くまでの時間という捉え方。

ギリギリまで寝たり、

身支度をするだけの時間でいいのでしょうか。

 

 

 

仕事が終わった後は?

 

 

 

お酒を飲んだり、

テレビを見たり、

仕事のために早めに寝たり・・?

 

 

 

時間の比重を考えてみる。

 

 

 

24時間に占める仕事の割合は

おおよそ1/3〜1/2である。

 

 

 

もし毎日充実した時間を過ごしたいというのなら、

仕事の前後時間。

その時間を仕事時間の

プロローグとエピローグのような

考え方をしていいはずがない。

 

 

 

仕事外の時間を切り取れば10時間〜16時間があるわけで、

その何にも縛られない時間の過ごし方こそ、

大きな岐路になっているようである・・


生き方ランキング

自分のレベルが上がると付き合う友達も変わるっていうけど、周りも自分に見せてくれる顔が変わる

「アクセサリーの向きを修正するため頭部を外すゆるキャラと中の人アクセサリーの向きを修正するため頭部を外すゆるキャラと中の人」[モデル:大川竜弥 ホットくん]のフリー写真素材を拡大

 

よく自分のレベルが上がると

付き合う友達も変わる

なんて言います。

 

 

いる環境が変わったり、

会う人も変わってきますから。

 

 

しかし、本当にそれだけ?

 

 

人って誰しも相手に合わせた

顔を見せています。

 

この人には、あかるい自分。

あの人には、能天気な私。

こいつには、本音で。

 

 

みたいに。

 

 

自分のレベルが低い時って、

もしかすると相手もそれなりの顔しか

見せてくれていないという

パターンがある気がするのです。

 

 

自分に成長があった時に、

話をしてみると、

この人こんなにしっかり

とした考え方してたかなぁって

くらい違う顔を見せつけられたりします。

 

 

逆もあるじゃないですか。

こいつ最近考え方変わったから、

こんなこと話してみるかみたいな。

 

 

つまりは相手のことを知った気になっていただけで、

実は相手からすれば、

本当の顔を見せるにたらないにんげんだったのです。

 

 

相手に勝手にレッテルを貼ってしまうのでなく、

もし自分が成長できたと思うのなら、

相手の別の顔を覗いてみると、

思ったよりに近くにいる

本当の理解者

見つけられるのかもしれません。

 

 

相手を否定する前に、

相手にとって自分が取るに足らない人間で

ある可能性を考えてみるのも、

自分の成長

きっかけになるのかもしれません。

 

 


生き方ランキング

勉強はしなくていい!『人はいつも質問していることの専門家になる。』

「はい、正解は私でした!はい、正解は私でした!」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 

 

 

 

人はいつも自分に何かを

問いかけている生き物です。

 

そんなことないと思うかしれませんが、

日々何かを無意識的に考えていますよね。

 

 

f:id:takahakokun1011:20170825202256p:plain

  • お腹減ったけど何を食べようか?
  • 今日は何をしようか?
  • 仕事をどのように処理しようか?
  • あの子と仲良くなるにはどうしたらいいのだろうか?

f:id:takahakokun1011:20170825202256p:plain

 

 

とまぁ色々な問いかけに対して、

 

◉自分への問いかけの傾向で性格と考え方が形成される

 

無意識的に回答を出したり、

回答が出なかったりして悩んだり

 

この問いかけの傾向で

人の性格とか

考え方の傾向が決まるのです。

 

◉例えばお金がなかったら

 

1つの事象を考えてみましょう。

 

例えば、

『お金がない』

とします。

 

f:id:takahakokun1011:20170825202256p:plain

①なんでお金がないんだろう?

②どうしたらお金が手に入るだろう?

③PCで持ち金を10万円に

 するにはどうすればいいだろう?

f:id:takahakokun1011:20170825202256p:plain

 

 

◉生産性のない意味のない問いかけはやめる

 

まず①をしてしまった場合、

ない理由にフォーカスしてしまっています。

 

ない理由を突き詰めても

そこに生産性はなく意味がありません。

ましてや答えなんてありません・・。

 

◉プラス方向だが曖昧な質問もあまり・・

 

次に②の問いかけをした場合。

これは①より断然良いです。

お金を手に入れる方法を探す方向

に脳が向くからです。

しかし、具体的でないため

答えが出にくいでしょう。

 

◉生産性があり前向きな問いかけをする!

 

次にもう一段階。

③の問いかけをした場合です。

具体性が増しましたよね。

かなり限定された方法になりました。

 

そうすると脳は限られた情報から

考えてくれるので、

答えも出やすくなります。

また、すぐにでなくても、

考えているので、色々な事象と

結びついてアイデアが出てきたりします。

 

◉脳は答えを探し続ける

 

脳には特性があります。

質問をしたことに対して、

答えが出るまでずーっと

探してしまうのです。

 

未来に心配事があると

疲れてしまうのはこのせいです。

 

そしてこれを利用しない手はありません。

 

自分の考えたいこと、特化したいこと、

詳しくなりたいことなどなど

自分の興味性や勉強していることを

自分に常に問いかければいいのです。

 

そうすると脳は常に答えを探しに行くので、

必然的に色々な情報を拾ってきます。

 

◉『人はいつも質問していることの専門家になる』

 

こんな言葉があります。

 

『人はいつも質問

 していることの専門家になる』

 

没頭している趣味、

仕事に集中している時、

色々なシュチュエーションがあるかと思いますが、

こんな時いつもそのことを考えていると、

どんどん情報が入ってきて詳しくなりますよね。

 

逆に問いかけていないことなんて、

見えていようが何も入ってきやしません。

 

私自身美容関係の仕事をしている時は、

美容室がいたる

ところにありました

 

ガス業界に携わると、

美容室の数は減り、

ガス屋さんがふえました

 

客観的な条件というのは絶対的なものでありながら、

人間が主観的な動物である以上、

絶対ではないのです。

脳の特性を利用しない手はありません。

 

 

 

 

なんでたくさん空いているロッカーの中で僕の真下を使うのか

ジムに行くじゃないですか。

 

そうするとロッカールーム

がありますよね。

 

僕のよく行くところは上下2段なんです。

 

そしてもちろん混んでいるときはいいんです。

そんなのは当たり前です。

 

私は上がいいので上のロッカーを1つ使うわけです。

 

しかしですよ!

 

ガラッガラの時に僕の

真下のロッカー

使う人がいるんです。

 

縦横斜め

X軸Y軸Z軸全て

どこをみてもほぼ空いているのに!!!!

 

僕がロッカーを選ぶときは縦横が

なるべく空いている場所を選びます。

 

着替えている時とかに

邪魔になったりして気まずいので。

 

そんな人が多いと思うのです。

 

しかし、そんなこと御構い無しに、

僕の下を使うなんて!!空いているのに!!

 

どういう思考なのでしょうか・・

 

推論①

決まったロッカーを使いたい。

 

推論②

悪意を持って敢えてそこを使っている。

 

推論③

僕のことが好きだ。

 

推論④

何も考えていない。

 

果たして正解はあるのでしょうか・・