社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

勉強を習慣化させたいなら『毎日テキスト1回開くチャレンジ』を習しろ!

小さな習慣という本があるのです。

以前ちょろっと書いたかもです。

 

 

そこでは

腕立て伏せ1回チャレンジ

なるものを紹介していました。

 

 

これはどういう原理か。

 

 

モチベーションでやっている時は

前頭葉を使って、

無理やり習慣と違うことを

意識的にやっている状態です。

 

 

無意識にやっていることというのは、

脳領域の使用箇所が違います。

大脳基底核という箇所が働くのですが、

そこは同じことを繰り返すという

習慣があり無意識に繰り返すので、

エネルギー消費が低いので無理なく

続いていくわけです。

 

 

つまり歯ブラシとか、シャワーとか

意識せずにやっていることというのは

後者に該当するわけです。

 

 

これが習慣化した状態です。

この状態に持っていければ、

モチベーションなどに関係なく、

継続が可能になるわけです。

 

 

しかし、多くの挫折パターンは、

モチベーションで開始し、

1週間〜2週間で飽きてやめてしまう

というパターンですよね。

 

 

これがダメなのです。

習慣化するのにはおおよそ40日かかると

言われているからです。

 

 

では何故挫折してしまうか?

 

 

・面倒くさい

・大変

・効果が見えない

・モチベーションが続かない

 

 

などなどあります。

 

 

そしてそれらの問題を解決するのが、

小さな習慣』です。

 

 

どういうことか??

 

 

目標を最小化することにより、

続ける弊害をなくすのです。

 

 

例えばあなたは勉強を習慣化したいと

考えます。

 

 

最初は10ページ。

次の日には6ページ。

その次の日には3ページ・・・。

 

 

というように最初はガツンとやれるのですが、

徐々にモチベーションの低下とともに、

勉強の量も減っていきます。

 

 

そしてやらない日が出てくると、

モチベーションもプツリと切れてしまいます。

 

 

人間の脳の構造を考えるのなら、

アプローチの方法が間違っているのです。

 

まず最初は継続し、

完全な習慣として脳に覚えこませることこそが

重要なのです。

 

 

その為に目標を最小化することが重要となるのです。

 

 

本当は毎日5ページ以上勉強したい

などと思ってしまいがちですが、

もっともっと最小化するのです。

 

 

勉強でいうなら、

毎日テキストを絶対に開く

 

 

これなら、テキストさえあれば

できますし、やる気がない日でも、

それだけならできますよね。

 

 

そして結果として開くことができてしまえば、

案外やる気になったりするわけです。

 

 

そして本当にテキストを開くだけで

OKなのだと自分に言い聞かせてください。

 

 

2ヶ月間くらいはその生活を続けましょう。

すると、最低限テキストを開くことが、

習慣化され、その行為自体に違和感が無くなります。

 

 

むしろそれをしないことに、

罪悪感すら感じるようになるのです。

 

 

僕の場合は読書と、ブログを続けようと考えました。

 

 

その際に

 

 

・読書に関しては毎日1ページは本を読む。

・ブログに関しては毎日パソコンを開く。

 

 

を目標として設定しました。

 

 

中には寝る直前に思い出して、

本当にパソコンを開くだけで終わった日も

ありましたが、

目標を最小に設定したことにより、

お酒に酔った日も、

疲れ切った日も、

目標を達成し続けることができるのです。

 

 

そして、1年経った今でも、

毎日読書をし、毎日パソコンに向かうのが

当たり前になっているのです。

 

 

この方法は科学的にも

正しいですし、

何より私が効果を実感しているので

本当にオススメです。

 

 

何か新しいことを始める時、

大きな変化を期待してしまうばかりに、

ついつい目標を大きくたててしまいがちです。

 

 

しかし本当に必要なことは続けることなのです。

 

 

そしてやり出しが面倒くさいだけで、

やり出しちゃえば勉強だって

読書だって意外と楽しいのです。

 

 

くだらないことのように

思えるかもしれませんが、

是非一度チャレンジしてみてください!

 

 

 

 


生き方ランキング

 

『あっ!あの時の飲み会行ってなかったら仲良くなってなかったんだなぁ。』全ては偶然であり必然なんだなぁと感じた話。

 

最近なんだか友達が増えるのです。

 

 

年齢の幅もかなり広め。笑

 

 

私は全くモテないのですが、

女の子からなぜか安心感を抱かれるので、

普通に2人で飲んだりとか

することは多いわけです。

 

 

この前もどうせこいつは暇している

と思われたそうで、

A子さんから飲みいくぞ

とお誘いいただきました。

 

 

まぁ案の定暇だったので飲みました。

 

 

実はA子さんは友人の友人で

会うのも4、5回目だったわけですが、

なんとなく飲むくらいになってたわけです。

 

 

しかし、よく考えると結構奇跡の連続で

繋がっていることに気づきました。

 

 

初めて会った時は、

1人で飲んでいたところ、

別卓にいたA子さんが共通の友人の

名前を出したところで、

少し話をしました。

 

 

そしてその日は、

偶然にも共通の友達も合流するようだったので、

一緒に飲んだわけです。

 

 

これも結構レアなシュチュエーション。

 

 

そして2回目。

今度は別の女友達Bからのお誘いでした。

A子さんと見知らぬイケメンと3人でいるから

来いというのです。

 

 

普通いかないですよね。

場違いじゃないですか。

 

 

でもまぁすごく暇でしたし、

翌日も特に何もなかったので、

顔を出したわけです。

 

 

そして、何故か皆んなで次回鍋をやる約束を

したりとトントン拍子で繋がっていくのです。

 

 

そんなこんなでA子さんと

お友達になったわけですが、

 

 

2回のどちらかが欠けていても、

多分一緒に飲みに行くほどの仲には

なっていなかったと思うのです。

 

 

全部が偶然のようでいて、

結果から遡って行くと素敵な必然

だったりするわけなのですよ。

 

 

というか1回しかない人生において、

偶然なんてものはなくて、

結果として全て必然なんですけどね。

 

 

そう思うと、

なんだか全ての行動には

意味があったり、

何かにつながる伏線

のような気がするんです。

 

 

つまりは一見嫌なこと、

面倒なことなど、

色々な事象がありますが、

それらすらも何かにつながる

意味のあることのような気がするのです。

 

 

そして意味があることに気づくと、

単純に嫌なことや、

単純に面倒なことなどなくなってくる

のではないでしょうか。

 

 

過去のことをよく思い出してみてほしいのです。

全く意味のない何にも繋がらない経験なんて

ないはずですから。

 

 


生き方ランキング

『居心地のいいカフェ行ってきた!』→A『変なの』 →B『良いね』なんでこんなに真逆な反応??

 

なんか不思議なんです。

 

 

同じことを言っても、

相手によって真逆な反応

返ってくるのですよ。

 

 

僕は本を読む時や、

パソコンをやるときは、

カフェなどで作業するのです。

 

 

家だと雑念振りまいちゃうので、

集中できないので・・。笑

 

 

となると、

長居できて、

なんとなく雰囲気のいい

カフェの存在って非常に重要なのですよ。

 

 

別にオシャレとかそういうことではないんです。

長い時間いるところなので、

居心地の良さって超重要なのです。

 

 

そしてこんなのみんなの

共通感覚だと思っていたわけですよ。

 

 

ほんで友達Aに

 

 

『今日何してたの〜?』

 

 

なんて聞かれるので、

 

 

『ちょっと遠いけど居心地の

 いいカフェ見つけたから

 そこで本読んだり作業してたんよ。』

 

 

って答えるわけです。

 

 

僕の期待する答えは、

 

 

・どんなカフェなの?

とか、

・今度行ってみたい!

とか、

 

 

まぁそんな爽やかな会話が

連なっていくもんだと思っていたわけです。

 

 

しかし、しかし、

 

 

『病んでるの?変なの。』

 

 

ですと。。

 

 

そりゃもう傷つきましたさ。

 

 

期待の真逆のベクトルですからね・・。

 

 

後日別の友達Bと話しているときに、

休みの日何してるのとかっていう

会話になりましたさ。

 

 

もう言いたくないですよね。

だってバカにされちゃうし。

傷つくし・・。笑

 

 

でもあんまり良い嘘も思いつかず、

素直に恥ずかしそうに言いました。

 

 

『ちょっと遠いけど居心地のいい

 カフェ見つけたからそこで

 本読んだり作業してるんよ。』

 

 

はぁ・・またバカにされる。

もう傷つきたくない・・。笑

 

 

『良いねぇ!

 なかなか居心地のいい

 カフェってないもんね^^』

 

 

また、バカにされた!

・・・いや、されていない。

共感してくれる人もいたのです!!

 

 

しかし、なぜここまで真逆の反応が

返ってくるのかなぁと

不思議に思いました。

 

 

そして気づいたのです。

この前者のタイプは、

 

 

自分の知らないこと

自分にない価値観

 

 

などは全て否定から入るのです。

 

 

そして、後者の人は、

 

どんなことでもとりあえず

一旦受け入れるのです。

 

どちらが人間として素敵か、

人が集まってくるのか、

信頼されていくのか。

 

 

それは言うまでもありません。

 

 

そして自分がどちらになっているのか、

人の振り見てなんとやらと言いますが、

まさしく自分が

否定厨になっていないか、

受け入れる姿勢を取れているのか。

 

 

一度見つめ直すべきだなぁと

思ったのでした。


生き方ランキング

お酒を飲むと『あんまり食べてない』のに、なんか太るんだよなぁ・・を解明します。

 

f:id:takahakokun1011:20171111194832p:plain

サラリーマンの仲間であり、

敵であるお酒

 

 

年齢重ねるごとに

お酒残るわ太るわ

あまりいいことは

ないですよねぇ・・。

 

 

特にまぁお腹出るしすぐ太る

 

 

お酒飲むと翌朝は水分が出すぎて、

体重は減るのですが、

結局夜とか翌日になると体重は増えちゃいますよね。

 

 

でも巷にはお酒で太る事に関して、

様々な情報が飛び交っています。

 

 

①お酒はエンプティーカロリーだから太らない

②糖質の高いビールなどは太る

③焼酎やウイスキーなどは糖質も低く太らない

 

 

などなど。

 

まず①。

これは確からしいです。

 

お酒のカロリーはすぐにとんじゃいます。

なので、このカロリー自体は気にしなくて

基本的にはオッケー!

 

次②。

これもその通り。

糖質の高いビールなどはやはり

太りやすいのです。

飲み過ぎれば太りますよと。

 

次③。

これも正にその通り。

焼酎などは糖質が低いので、

太りにくい。

 

 

『・・・。

なんだろうこの違和感。

 

事実お酒を飲んだ翌日は、

少ししか食べていないのに

太っていたはずなのに・・・。』

 

 

少ししか!!

 

 

これなのです問題は。

 

 

お酒を飲んだ時は食べ物が

脂肪になりやすい

ゴールデンタイムみたいなものです!

 

 

テレビで言えば7時くらい!

競馬で言えば11レース!

スラムダンクで言えば山王戦!

食べ物で言えば焼肉!

 

 

ちょっとよくわからなくなりましたが、

そう!飲んだ時は食べちゃいかんのです。

 

なぜか??

この理屈を聞けば納得です。

 

肝臓は

 

 

・糖質の分解もします

・アルコールの分解もします

 

 

体に害があるのは

 

 

・アルコールです

 

 

ということは

 

 

・アルコールを優先的に分解します

 

 

すると、

 

 

・糖質を分解する余裕がなくなります

 

 

じゃあどうしよっかなぁ。。

 

 

・保存しときやすい脂肪にしーちゃお!

 

 

っていうことが起きます。

 

 

恐ろしいですよねぇ。

だからお酒を分解できるくらいに

とどめておくか、

 

 

お酒を飲む時は食べないもしくは、

野菜など脂質の低いものに徹底する。

などの工夫が必要になるのです!

 

 

まぁお酒を飲まないのが

一番ですが。笑

 

 

 


生き方ランキング

75記事目でなんとなく振り返ってみる

「午後3時まで寝てもうた(ハリネズミ)午後3時まで寝てもうた(ハリネズミ)」のフリー写真素材を拡大

 

気づけば75記事目。

 

 

振り返るとまぁ

よくもこんなふわっとした

テーマで書き続けてるなぁと思います。笑

 

 

そしてやりだした当初と、

今で多分意見や考え方、

方向性も変わってきていると

思うわけです。

 

 

そんな変化も人間らしくていいですよね。

AIじゃこんなぶれぶれな事出来ないですもの。笑

 

 

ペースは落ちていますが、

なんとなく続ける習慣ができたので、

多分ローペースで続けていきます。

 

 

結構自分のアウトプット用

使っていることがほとんどなので、

こんな偏った意見で読む人いるのかなぁ

と思うのですが、

偏っているからこその

本当に薄い需要があると思うのです。笑

 

 

なんか前にこんなことを言っている人がいました。

 

 

『人間は4つに分けられる。

 ①天才

 ②天才タイプ

 

 ③天才よりの凡人タイプ

 ④凡人

 

②と③の間には大きな壁がある。

天才は天才からしか学べない

凡人はやはり凡人からしか学べない

 

しかし教える人間の多くは天才である。

 

よって仕事のできる人間が増えていかないのです。』

 

 

ということを言っていました。

僕は③に属するなぁと思っています。

 

 

そしてやはり天才の言っていることを

論理的になんとか理解することは可能ですが、

やはり天才は天才なのです。

 

 

だからこそそれぞれの人間に意味があります。

だって同じ系統の人の意見しか、

染みませんから。

 

 

僕みたいな凡人が伝える言葉だからこそ

意味を感じれる人が、

1億人もいれば10人くらいはいると思うのです。笑

 

 

まぁそんな感じで、

とりあえず100記事は書きたいなぁと

思っているのでした。

 

 


生き方ランキング

病気だって事故だって起こる全てのことが必要だった!全てが1秒遅くても1秒早くてもだめ・・

生きているといろんなことが起こるじゃないですか。

 

こんなことがおこらなければ良かったのにと

思ったことはないでしょうか?

 

私はとてつもなくいつも

そのように思っています。

 

本当にそうなのでしょうかという問いが

悪魔とのおしゃべり

という本でありました。

 

 

 

どういうことか?

これをギャンブルに例えています。

 

あなたがスロットに行って当たったとします。

まぁ仮に20万勝ったとしましょう。

 

その日を遡っていきましょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

①朝から餃子を食べた

②胃もたれ

③下痢気味でトイレ

④スロット当たり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こんな日があったとします。

下痢なんかしなければもっと

素敵な日なのにな〜と思うわけですよね。

 

しかししかし、

下痢してなかったら・・?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

①朝から餃子を食べた

②胃もたれ

③スロット・・・?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

そう!

無駄に思える下痢ですら、

欠けていたらスロットは当たっていないのです。

 

なぜなら下痢の20分がなくなると、

 

 

・他の人がまだその席にいたかも

・スロットのレバーを押すタイミングがずれる

・そもそも店の状況が違うから同じ席に座らない

 

 

などなど全く持って状況が変わってしまいます。

 

全ての一瞬が全て必要不可欠なのです。

 

全てが完璧なタイミング

で起こっていたのです!

 

そこに気づくと嫌なことが起きても、

感謝するしかない事に気づくと思います。

逆に起らなければいいことなんてない事にも

気づくはずです。

 

1秒1秒に感謝しながら、

いきていけるようになったら、

見える世界も変わるのでしょうね!

 

 


生き方ランキング

『やっぱりね』信者に負けるな!『ビットコイン』で大損こいたけど、とりあえずやってみたほうがいいと思うんです

 

 

 

以前こちらのブログで、

ビットコインで大損こいた

ことについて記載しました。

 

まぁ要は

不正アクセスで20万パー

です。笑

 

 

その前後はめちゃくちゃショックでした。

 

 

そして周りの人には

同情されると同時に、

 

 

『やっぱりそういうよくわからないやつは

 やめておけばよかったのに。』

 

 

というような言葉をかけられるのです。

 

 

ビットコインについて何も知らない人にです。

どのように購入するかとか、

この数年間どのような値動きをしているかも

知らない人に・・。

 

 

新しいものに取り掛かると、

とにかく否定するグループというのが

誰の身の回りにも確実に現れます。

 

そして失敗するタイミングを待って、

『やっぱりね』

というのです彼らは。

 

 

でも本当にやらないほうがよかったのでしょうか??

 

 

僕は結果としては失敗しましたが、

素人なりに色々学びました。

 

 

・ネットでお金を扱う際のセキュリティの徹底

ビットコインの売買について

ビットコインの値動きについて

ビットコイン、その他の仮想通貨への興味を持てた

 

 

などなど。

やはり自分の金を投じると、

第三者から当事者に変わる訳です。

 

 

やらなければこれらのことは学べませんでしたし、

より一層社会の流れにおいていかれたと思います。

 

 

そう『やっぱりね』の人と同様に。

 

これってなんでもそうだと思うんです。

 

西村ひろゆきさんが仰っていました。

 

プログラミングをしたいと思った時に、

本を買って最初から最後まで読んでから

やり始める人がいるのってどうなんだろ?と。

目的だけ決めて走り出したほうが

圧倒的に効率いいですというようなことを

言っておりました。

 

結構新しいものとかが入ってくると

何かと警戒しちゃいます。

 

危ないんじゃないかとか、

失敗してしまうのではないか

とか考えて。

 

でも大概は杞憂だし、

最初の投資金額なんかも数万円程度だったら、

やってみて、それに関する

知識や興味を増やせただけで、

その時点でやらないよりも圧倒的な

価値を得られると思うんですよね

 

どうか

『やっぱりね』信者になんか

負けないで色々やって色々失敗してみてください!

 

 


生き方ランキング