社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

あのひとのかっこよさ、わたしのかっこよさ

先日職場の素敵な先輩女性社員と

ランチさせてもらったんですね。

 

お互いに思想がはっきりしているタイプというか、

まぁそれは良いか悪いかはさておき。

 

少し考え方が似ているんです。

 

その時に話題となったものが、

社内チャットツール内で行われている、

謎のタイムズという行為。

 

これはエンジニア界隈では割と普通に

行われる行為なのだそう。

 

どんなことかというとその人専用のツイッター的な。

でも周りの人も観れるという状態なのです。

 

エンジニアはメモ的に使うそうなのですが、

まぁ何となく納得ですよね。

 

いろんなコードを備忘録的に残したり、

周りの人もこんな時はこういう書き方をするんだなぁ。

と納得するのだと思うんですね。

 

じゃあしかし、これを真似したその他の人間はどうなるかというと、

自分の気持ちをつぶやき出すのですよ。

 

例えば、

「今日は雨でテンション上がらない・・」

とかね。

 

それに何の価値があるのかと。

 

そしてやっている側にはやっている側の主張があります。

主な主張はこれです。

 

・メモなんです

・聞くほどじゃないけど知りたいことを知れる

 

前者はオフラインでいい

後者は本当に有益な情報ならオープンでやれって話。

 

という会話になりました。

まぁこれは賛否ありでいいと思うんです。

自己承認欲求の様々な形だとですから。

 

そしてかくいう否定する私たちも、

何らかのかっこよさみたいなものを

持っているからこうして否定するんですね。

 

それってつまりその人たちと何が違うのかってことなんです。

 

私のかっこよさから外れた行為を否定する。

一方で相手からすれば私のかっこよさは、

相手のかっこよさからは外れている可能性が高いです。

 

かっこよさはそれぞれの人間が持っていて、

相いれないものなのだから、

人のかっこよさを否定することは非常に愚かな行為

だとも言えるわけです。

 

この議論の勝者はおそらく本質的なものでなく、

声の大きな人になることもより愚かな行為に感じられる1つの原因です。

 

じゃあどうするのがいいのか。

わからないです。笑

 

わからないけど、全てをありのままに受け入れる。

全ての事象を事象のまま受け取る。

 

事象に自分のバイアスを入れない。

 

事象としての価値をそのまま受け入れることができたなら、

物事全てに価値があることを再確認できると思うのです。

 

sns状態になっているものにだって、

少なからず価値を含んだ内容があるはずだからです。

 

つまり悟りの境地なのかなぁと思います。

 

そこに達するにはまだまだ時間がかかりそうです。。

 

 

 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

マリオは子供向けのキャラでありながらおじさんなのか?

これは以前読んでいた本(「つい」という本です!)で知った話です。

 

子供向けのキャラって基本的にもっと

爽やかで、親しみやすいデザインだったり、

アンパンマンドラえもんのように丸を基調としていたりすることが常です。

 

指摘されるまで気づかなかったのですが、

マリオって子供向けキャラとしてはありえない

風貌なんですよね。笑

 

可愛くもない。

丸くもない。

髭おじさん。

 

もう意味わからないじゃないですか。

 

なぜあなたそんな子供に媚びないのかと。

 

とまぁ素人の私の思考はこんな感じです。

 

しかしこのデザインにも意味があったんですよね。

何かと言えば当初のマリオというゲームは右に行くゲームなんですよね。

 

でもそれを説明なんかしてくれない。

右に行けなんて言われてないんですよ。

 

でも自然と右に行ってしまう。

 

そのデザインの中の一つとして、

髭と帽子があるそうなんです。

 

髭があることでどちらに向いているかをよりわかりやすくする。

 

帽子も同じように向きを意識づけるためだそうです。

 

意味があったんですね。

髭と帽子。

 

僕らは消費者として何かを行うとき、

このような製作者側の意図を知らずになんとなく

自分で考えてそうしていると勘違いしています。

 

実際には製作者の洗練された意図に動かされているにも関わらずです。

 

悔しいけど、

生活の中は全てそんなものでできているはずなんです。

 

少しはそんな気づきを得られると、

なんかもっと人生が楽しくなりそうな気がします。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

生きることに意味はないし、死ぬことも悪いことじゃないかもしれない

エネルギーをなくしてしまった。

 

そんなことはありませんか?

仕事にも日常生活にもそれなりに張りを持って

生きてきたはずだったのに。

 

休みの日はとにかく知識をつけたくて、

今までの怠惰な人生ら取り返すために

必死で本を読み漁ったりしました。

 

それは決して努力というようなものではなく、

それ自体が楽しかったのです。

 

しかし、ここ数ヶ月やる気が起きなくなってしまいました。

 

別に無気力とかってわけでもないんです。

目の前にある仕事はこなしているし、

周りから見れば大きくは変わっていないと思うんです。

 

しかし僕の中では大きな変化なんです。

 

別に知識欲も一息。

というか様々なことへの興味が希薄になっている感じなんです。

 

刺激がないのか?

ただ過ぎていく時間に身を置いているだけ。

 

でもそんな状態でもいいかなと

怠惰な自分を肯定する気持ちも少しあるのです。

 

なんでこうなってしまったのかなぁ?

と思う部分もあるのです。

 

仕事環境の変化はあると思います。

作業から思考へと仕事内容の変化がありました。

 

私はもともと流されやすく、

たるんだ人間です。

 

楽をできるのであれば、

とにかく楽がしたい人間でもあります。

一方でやることがあると、

それをきっちりやらなければならないと思うところもあります。

 

つまり環境的に強制される環境下で、

戦わなければ流されてしまうんですよね。

 

そして作業と思考はステップアップとの関係性にも

あるように捉えられていますが、

私はそうは思えないんです。

 

どうしてもそこには隔たりがあり、

手を動かしている方が楽しく、

また向いているという人がいると。

 

これはステップアップしていこうとしない

人間の言い訳であるかのように捉えられがちなんですが、、

 

ただ人生において圧倒的な正解なんてないんですよね。

 

成功した人や声の大きな人が正解らしきものを社会に提示し、

それを受け入れる人の多さで正解と位置付けられるわけですよね。

 

お金が欲しいとか、偉くなりたいとか、

社会的地位が!って思う人がそれらの発する側に立つことが多いのですから、

それらが正解として称えられるのもそりゃそうだよなと思うんです。

 

でも本当にそうなんでしょうか。

僕らは偉くなるのことが正しいのか。

 

僕らはお金を圧倒的に稼ぐことが正しいのか。

もちろん欲しいけど笑

 

社会的地位があることが正しいのか。

 

そもそも人生に意味なんかないわけですよね。

 

だってほら原始時代とかを考えれば分かるわけですが、

食べてSEXをして寝てってことを繰り返していたわけですよね。

 

日々生きることだけが目的だったわけです。

そもそも日々生きることの先に死があるのだから、

死を目的として生きていたとも言えるんですよね。

 

そうすると別にただそこに生きることだけが目的であっても

まぁなんら不思議はないわけですよね。

 

現代社会には様々な刷り込みが多いと思っています。

幸せなんて本来ない概念を作り、

人は結婚をすれば幸せ。

そしてマイホームを持ったらもっと幸せ。

そして子供を授かったらもっともっと幸せ。

 

さすがに10年以上その刷り込みを受けていたので、

全くそんな気持ちがないわけではないのですが、

なんか疑問は日々強くなっていきますよね。

 

だってそれで幸せになっている人見ないから。

でもそれを元に人はマウンティングするんですよね。

 

まぁ多分自分のした選択を否定したくないという

思いは非常に強いんだと思うんです。

 

幸せと言われる選択をして

そのような生き方を選べた自分が、

それをできていない人より不幸であるはずがない。

要するに自分の選択と対極にいる人をしっかりと否定することで、

自分の置かれた状況の価値とかを再認識したいんでしょうね。

 

でもこれってかくいう私もいろんな場面でしてしまっているんですよね。

自分にない価値をあっさり否定したり、バカと言って見たり。

 

そこで後悔できていることが私の数少ない

成長の証だと思っています。笑

 

話はどこかに飛んで言ってしまいましたが、

そんなもんです。

綺麗に着地するのが当たり前だと思ったら、

それも社会に刷り込まれた固定概念なんですよと。笑

 

 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

『ネガティヴ』だからこそできる「ポジティヴ」なこと

虚無感と戦っていると思っていました。

自分は特別でとても頑張っていると。

 

しかし、戦っている人の多くは行動に移していました。

クリーピーナッツの松永さんはラジオに救われて、

今は実際にラジオを提供する側に回り、

おそらく色々な人に勇気を与えています。

 

そんな松永さんに力を与えたのが、

オードリーの若林さんで

このひねくれ具合というのが凄まじく、

普通じゃないのですが、

それをラジオで話、エンターテイメントにしてしまうのです。

 

以前同僚に若林さんの本を勧めた時に、

自分とこんなにも違う思想の人がいるとしれて

面白かったと言っていました。

 

僕は共感して面白いと思っていたのに・・笑

 

僕は間違いなく根暗で、

根底は気難しい人間です。

 

でもそれをどう生かすかとか

向き合うかそこまで掘り下げることができていませんでした。

 

きっと本当に戦った人は

そんな自分を前提として、

何がしたいのか、何ができるのかを考えています。

 

ネガティヴな中にもこんな自分で生きていくしかないという

覚悟を持っているんですよね。

 

僕みたいなただネガティブな人間は

ネガティブであるという事実だけで終わってしまっているんです。

 

本来であれば起源を辿ると

ポジティヴ・ネガティヴ

両方の人間が必要で、

それを否定的に捉える必要はないんですよね。

 

だとすればこの思考をできる人間として、

僕らには何ができるのか、

もし他人に何かをあたえられるのなら

どんなことがあるのか。

 

それを考えていかなければいけないよなぁと

純粋に思うのです。

 

 

 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

 

荷物が減ると荷物も減る

物理的な荷物が減ると

心の荷物も減る気がするんです。

 

なんだろうなぁ。

凄く寂しい気もするんですが、

一方でどこにでもいける身軽さを身につけたような

そんな気持ちになるのです。

 

無駄に買い揃えた家具や服は

自分への自信のなさの裏返しのような気がしています。

 

全てを無に帰して、

本当に必要なものだけになったら

随分とシンプルに生きることができそうですね。

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

自分の浅はかさな言葉ってどうしたら変えられるんですかね?

なんかいろんな人の言葉に

凄く感動したり面白いなぁって思ったり。

 

ツイッターを見ててもそうです。

 

多分気軽に発信した言葉でも、

凄く感動したり面白かったり。

 

真似て見ても凄く浅はかに聞こえる

浅はかな響き

 

面白くもなければ

その陰に見え隠れする

自己承認欲求の塊である

言葉たち

 

そんなもの格好良くもないし、

なんの価値もないことを知っているのに、

知っているのに格好つけちゃう

 

認められたいんだろうなぁ自分

自分が価値があるもののように錯覚したいんだろうなぁ。

 

なんの価値もないのに。

 

でも1つ本当に思うのは

なんかしらの価値を他の人に与えたい

せっかく生きてるんだから、

なんかこころに残りたい

そんな願望はあります。

 

それだけをナチュラルにぶつけられる

ようになったら少しは違うのかな?

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com

自分の浅はかさな言葉ってどうしたら変えられるんですかね?

なんかいろんな人の言葉に

凄く感動したり面白いなぁって思ったり。

 

ツイッターを見ててもそうです。

 

多分気軽に発信した言葉でも、

凄く感動したり面白かったり。

 

真似て見ても凄く浅はかに聞こえる

浅はかな響き

 

面白くもなければ

その陰に見え隠れする

自己承認欲求の塊である

言葉たち

 

そんなもの格好良くもないし、

なんの価値もないことを知っているのに、

知っているのに格好つけちゃう

 

認められたいんだろうなぁ自分

自分が価値があるもののように錯覚したいんだろうなぁ。

 

なんの価値もないのに。

 

でも1つ本当に思うのは

なんかしらの価値を他の人に与えたい

せっかく生きてるんだから、

なんかこころに残りたい

そんな願望はあります。

 

それだけをナチュラルにぶつけられる

ようになったら少しは違うのかな?

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com


スポンサードリンク