社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

なんか世の中美人が多いなと嫉妬するけど・・

道を歩いていると・・

電車に乗っていると・・

 

 

美人が多いなと思いませんか。

 

 

そして自分が不遇である時、

世の中にはこんなに美人がいるのにどうして

自分は・・と嫉妬してしまいます。

 

 

僕は毎日こんなことを考えています。

 

 

しかしです。

ある時ふと思ったのです。

 

 

美人に目がいっているからそう思うだけなのではと。

そもそも美人そんないたらもう少しものになってるんじゃねと。笑

 

 

そしてその視線で見ると、

案の定無意識に美人でないと私が判断する人は

見る対象から除外していたのです。

 

 

そして美人と認識する人は

ついつい長時間見てしまうので、

そういった認識になっていたのですよね。

 

 

要するに自分のみたいものだけ人は見ています。

本当の世界ではなく自分のみたいものを見るわけですよね。

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 

「当然のこと」自分のルールであり他人にとっては価値のないことであることもある

私結構何事も興味が希薄な方で。

 

 

今まで深く熱中したことがないんです。

浅くははまるのですが。

 

 

ほんで、何を思うかというと、

自分の興味を知りたいんです。

もうおかしくなるくらいハマってみたい。

 

 

アニメ、彼女、食、スポーツ、アイドル

色々とはまる人がいます。

 

 

白い目で見られることもありますが、

ある意味であの熱量は本当に素晴らしいことだし、

羨ましいことだったりします。

 

 

またそんなものに出会えることは

限りなく幸せなことですよ絶対。

 

 

ってことはそれにどうしたら出会えるか

これが人生の主題だったりします。

 

 

で、少なからず興味をもっているものを考えると

どれもすごく平凡でみんな好きなものばっかりなんですよね。

 

 

と考えていました。

 

 

例えば、マッサージ結構好きなんです。

そんなもんみんな好きだろうと思っていたのですが、

実はそんなことないんですよね。

 

 

苦手という人もいれば、

行って見たいくらいの人もいたり。

 

 

更にはタイ古式マッサージが好きなんですが、

それが好きなってそういないんですよ。

そうすると意外と個性のあるものであるかもしれんのですよ。

 

 

なんか早めに諦めてしまうことが多々あったのですが、

この辺掘り下げていくと、

意外と特殊な趣味とか、

好きなことが実はあったりするのではないかと。

 

 

また、何かそれらを組み合わせると

そういない人種になれたりするんじゃないかなと

思うのですよ。

 

 

だからあまり自分のことを普通と思わない方が

良いんだなと思うのです。

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 

期待したのとは違うけど、それはそれで良いってことが人生の醍醐味ですよね

 

しかし、プレゼン能力の高さって本当に凄いです。単純に話が上手いのもそうなんですが、引き込むポイントを作るのが本当に上手いです。

 

 

 

・今回だけ、、

・ここだけの話、、

 

 

 

など特別感を自然と持たせていて、そのタイミングでどんな話がきけるんだろうという前のめりになる自分がいるんですよね。

また「端的に極論をいう」ということが相手の心にのこるのだなと感じました。

今回のプレゼンでいうと、

 

 

 

・明日から訪問営業をやめましょう

 

 

 

というメッセージではじまり、このメッセージで終わっていました。内容としてはもちろん言葉ほど過激なことではないのですが、やはり極論というのはささるんですよね。説明はマイルドなので不快感がなく。

 

 

 

また、自分のいる環境を特別視してしまうのですが、

どうやらそんなことないのかもしれません。

今回登壇されていた、お二人は教育と飲食の業界です。同じようにリテラシーが低かったりというのはあるそうですし、飲食はアイドル帯でしか会えません。

 

 

どの業界でも同じような事象はあり、それを特別視するのはどうやらおかしな話かもしれません。思えば自分の業界のことを「うちの業界って極めて普通なんです」なんて言っている人いないですものね。

 

 

そういえば過去何度か転職しましたが

自分のいる業界は特殊だって例外なく全員いってました。

自分の事は特別視するのに他人のことはまとめて一般化してしまうのが人なんですね。改めて肝に命じておかねば。

 

 

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 

桐島、家買わない方がいいってよ

小さい頃から我々凡人は

人間の幸せを定義され育てられます。

 

 

それはどんなものかというと、

 

・いい大学をでる

・大企業でサラリーマンになる

・結婚をする

・子供をうむ

・マイカーを買う

・マイホームを買う

 

こんなものが人間の幸せをだと

刷り込まれるわけですね。

 

 

そしてその幸せ像に疑問を持ちません。

 

 

まぁある種の洗脳みたいなもんですよね。

 

 

挙げた全ての内容に対して

一方で否定的な意見があります。

 

 

つまり刷り込まれた幸せ像は

絶対的な幸せではなかったわけですね。

もちろんある人によっては幸せかもしれませんが。

 

 

もしくはそう信じきっているのかもしれません。

 

 

そして中でも顕著なのが、

家を買うということです。

 

 

これに関しては経済学者は皆、

否定的な意見しか述べていません。

 

 

イカ

マイホームはただの負債であると。

 

 

まぁそりゃぁ得する人がいなきゃ、

ここまで刷り込もうとしないですからね。笑

 

 

結果何を選ぶかが重要でなく、

買わないとか、しないという選択肢を

本当の意味で持てているか。

 

 

それこそが本当に重要なことなんだと思います。

 

 

それができていなきゃ、

ただの思考停止なんです。

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 

葛藤する「自分」と「現実的解」と「美しい解」

とにかく

とにかく忙しい

 

 

そんな日々を過ごしてきました。

 

 

そしてそこで何を得て何を失ったのか

よくわかりませんでした。

 

 

そしてそんな忙しい日々からは

ゆったりとした時間を欲します

 

 

そして別に誰か代わりができるのなら、

その人に全てを譲のも全く問題ないと思っていたんですよ。

 

 

しかしです。

いざ一時的に落ち着き他の人が

他の人が忙しそうにしていると

自己嫌悪に陥ります。

自分は必要ないんじゃないかと。

 

 

そして他の人が頑張り出せば、

いっちょまえに嫉妬したり。

 

 

欲が全くないと思っていた自分には

どうやら隠そうとしていた欲がいっぱいあるんです。

 

 

しかし、最初に抱いていた感情もまた真である。

 

 

そして後者の感情もまた真である。

 

 

人は結局ないものねだり。

 

 

何が正しいのかなんて全くもってわかりません。

もしかすると全ての感情が嘘かもしれないし、

逆の感情を感じて悩ませるDNAの仕業かもしれません。

 

 

もしくはゲームを楽しむために

初期設定された毒なのかもしれません。

 

 

でもまぁ冷静に自分の価値観と向き合う

タイミングというのは必要ですよね。

 

 

イージーモードのゲームなんてきっとつまらないはずですから。

 

 

悩むだけ悩めばいいのかなと。

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 

仕事が楽しくなる「意外な思考法」

仕事がなぜ楽しくないか。

 

 

それは多分目標がないからです。

 

 

なんらかの目標はあるかもしれませんが、

会社としての

仕事としての

押し付けられた目標であり、

自分の目標にはなっていないのではないかと思います。

 

 

どうやって自分の目標に置き換えるかです。

 

 

ここで面白い言葉を。

 

 

「上司に言われた命令を

 こなすと給料がもらえるゲーム」

 

 

ということだそうです。

 

 

これ言われてみればその通りですが、

そんな風にとらえたことってなかったように思います。

 

 

いろんなハウツー本や、

スキルが書かれていますが、

この原則を忘れなければ、

成功には導けるし、

ゲームとして考えると仕事1つ1つが楽しめそうじゃないですか??

 

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 

やたらと「横文字」や「専門用語」を並べてくるから腹が立つ

先日はカスタマーサクセスに興味を

持ってしまったという話をしました。

 

 

今度はカスタマーサクセスのムカつくところを

一つ語らせてください。

 

 

それはやたらと横文字や専門用語を

用いてくるところです。

 

 

何でもかんでも新しい用語を出してくるわけですよ!

知識のないやつを退けるための策略なのか。

はたまた自分たちを高尚に見せるための

戦略なのか?とも思ってしまいます。笑

 

 

ただし専門用語には説明しにくい微妙な

ニュアンスが含まれていることも確かで、

既存の言葉では説明しにくいこともあるんですよね。

 

 

以前細谷功さんの本にも書いてありましたが、

最初は聞きなれない横文字の用語や言葉ですが、

使い続けるうちにその言葉に慣れ、

他の平易な言葉での表現ができなくなっていくそうです。

 

 

私が先ほどニュアンスという言葉を自然と使っていましたが、

この言葉だって、恐らく当初は

「なんだこいつ偉そうに横文字使いやがって」

なんて思われる対象だったはず。

 

 

しかしそれらは使う人の増加や、

時間の流れで受け入れられていくのですよね。

 

 

だからまぁあまりこれらを否定するのも違う気がするわけです。

 

 

しかしね。

平易な言葉でそのまま置き換えられる言葉に対して

専門用語を用いたりすることにはいささか、

腹が立ちます。笑

 

 

例えばカスタマーサクセスで用いられる

「チャーン」という言葉。

 

 

なんだこれはと調べたわけです。

 

 

なんと「解約」もしくは「解約率」のことだそうです。

 

 

いやそのままでいいじゃん!

言い換えなくていいじゃん!

そのまま伝わるし、

微妙なニュアンスとかも含まれてないじゃん!

 

 

と私は声を大にして言いたいのですよ。笑

 

 

だから私は平易な言葉で話してくれる

高尚な人たちを徹底的に持ち上げて、

横文字や専門用語を並べてくる人たちが

阻害される世の中を作ることに尽力したいと思います。

 

 

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 


スポンサードリンク