社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

『権力者』『経営者』『偉い人』と仲良くなる3つの方法

人間関係の構築って難しいですよね。

 

 

特に僕は権力とか肩書きのある人を

相手にするとなんとなくビビってしまいます。笑

 

 

しかしそういう人たちとさらっと

仲良くなる人も世の中にはいたりして。

 

 

何が違うのかなぁとよく考えていたんです。

3つにまとめましたのでどうぞ。

 

①根本的に気にしていない

役職や権力というのを

あまり気にしていない。

もしくは捉われていないんですよね。

 

 

これには2パターンあって、

ちょっと天然系の人と、

意図して気にしないように

している人。

 

 

どちらも同じで、

相手を役職や権力で

判断しないから、

フラットに話しかけることが

可能なんですよね。

 

 

それにより、

相手も心を開きやすくなる訳です。

 

 

ただ天然の人は相手を不用意に

怒らせることもあるので、

要注意です・・。笑

 

 

②程よく本音

相手の役職が高かったり、

権力者ですと、

気を使いすぎたり、

相手に話を合わせたり

するのが通常だと思います。

 

 

しかし、それではその他大勢のままなのです。

 

 

どんな相手でも自分の

意見をさらっと

言える人というのは、

 

 

『あれっ?何か違う。』

 

 

と思わせることができます。

 

 

しかし主張はさらっとが

鉄則です。

相手と意見が食い違うようなら、

スルーするかある程度同調する

というスキルも必要ですね。

 

 

 

③自信満々に話す

相手が偉かったりすると、

萎縮したりビビってしまって、

もごもご話してしまったり、

声が小さくなったり。

 

 

その時点で仲良くなることは

難しいですよね。

 

 

仲良くなるとは同等な

目線であることが重要ですから。

 

 

でもやはりオーラがあって

ビビってしまうという人もいると

思うんです。

 

 

そんなん時に身につけておくべき

考え方があります。

 

 

『このおじさん偉いかもしれないけど、

 俺が本気で殴れば死ぬ

 ただのおじさんなんだよな。』

 

 

という発想です。笑

 

 

ぶっ飛んでると思うかもしれませんが、

意外と重要な考え方です。

 

 

どんなに偉くても、

どんなに著名でオーラのある人でも

同じ人間なので殴れば死にます。

 

 

いざとなれば勝てるんです。笑

 

 

本当に殴ることはありませんが、

そういう風に考えると、

役職云々を忘れて

同じ人間であるというところに、

戻ってこれるんです。

 

 

そうすると気づいたら、

普通に会話できていたりするんですよ。

是非お試しください。

 

 

 

 

 

 

以上3つでした。

 

しかしこれらは相手を見ることが

非常に重要です。

 

本当に人間として優れた人は、

新たな刺激や面白い人を求めています。

そんな中上記のような人が現れると、

『おっ!』思ってくれたりするんです。

 

 

しかし、ただ肩書きだけ素晴らしい人

というのも中にはいて、

自分が一番優秀だとお思っているような

タイプの人間は目下の人間に

何か言われようものなら

大激怒したりします。

 

 

そんな人には近づかないことです。

 

 

相手を見て是非実践してみてください。

 


生き方ランキング

仮想通貨『ビットコイン』や『モナコイン』の話をするとネズミ講まがいとかいうクレイジーな人がいる件

ビットコイン

モナコイン

 

 

仮想通貨が本当に熱いと

私は思う訳です。

 

 

そこで良かれと思って、

会社の人とかに

 

 

『結構儲かるんでやった方がいいですよ〜』

 

 

くらいの軽い感じでいうと、

 

 

仮想通貨ってネズミ講とか

 みたいじゃん?

 

 

とかいうクレイジーな人がいるんですよ!!!

 

 

オイおいおいおいおい!!

 

 

ネズミ講の意味知ってんのかよ!!!

 

 

どう仮想通貨とネズミ講が結びつくのか

教えて欲しいんですよ。

 

 

そして事実として、

ここ何ヶ月間の価格の上昇ととかは

いくらでも見れる訳じゃないですか。

 

 

それを見たら

こんな短期間でこれだけの

上昇幅は怖いけど、

可能性もありそうだなと

思うのが普通じゃないんですかね??笑

 

 

何より進めた私に利益なんか

ないんだからネズミ講

成立しね〜だろ!!

って話なんです。

 

 

まぁ仮想通貨を買う人が増えれば、

需要が増えて、

価格は上がるので間接的に

利益を得るとは思いますが、

それを私の周りにいる同じくらいの

経済力の人に期待はしておりません。笑

 

 

 

でもまぁこれって仮想通貨に

限った話ではないんでしょうね。

 

 

なんか新しい物に対して人はかなりの

確率で排除するベクトルで動きますよね。

 

 

新しい物を受け入れるということは

知らなかった自分を否定するのと同義ですからね。

 

 

でもそれでいいんですかね?

 

 

その話に乗るリスクと、

得られる可能性のあるメリットを

天秤にかけるべきだと思うんですよ。

 

 

それが100万ないとだめなんです

って話ならそりゃ慎重になりますが、

1万円くらいで取りかかれるものなら、

ここ何ヶ月間で数倍になっているのなら、

ちょっと乗っかってみるかっていう

好奇心くらいないともったいないと思うのですよ。

 

 

まぁやっている側の人間の

意見にはなってしまうとは

思うのですが。

 

 

パチンコとかやるよりは、

よほど健全で、

リスクも低いと思うんだけどなぁ。。。

 

 

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】


生き方ランキング

モナコインが数日間で6倍?!あまりの上がりっぷりがちょっと怖い。

先日も少しモナコインについて

記載しました。

 

 

その時は1000円近くまでいって

結局700円位に落ち着いたという話。

 

 

しかしそれで終わりではなかったんですよね。

 

 

その数日後、

1000円を超え、

そこから24時間以内に

2000円を超えてしまいました。

 

 

ネットの予想だと、

年内に1000円とか、

年内に2000円なんて書かれて

いましたが、

あっという間に2000円台に。。

 

 

f:id:takahakokun1011:20171207223126j:plain

 

 

さすがに私みたいな後発組

が手を出してからもこんなに

さらっと上がってしまうとは。

 

 

でも今回思ったことがあります。

 

 

僕はそもそも300円台くらいの時に、

100コインくらいは買おうと思っていましたが、

値下がりを期待してあまり買わなかったんです。

 

 

そして700円になり、

やはり値下がりを期待して買わず。

 

 

そして1000円になり、

さすがにまずいと800円台に戻った時に、

少し買い。

 

 

そして下がるだろうと思って、

あまり買わず静観していたら、

あっという間に2000円。

 

 

さすがにまずいと

1800円台になったところで、

少し買い。

 

 

常に完全に後手なのです・・。笑

 

 

これ今勢いがある

仮想通貨じゃなかったら

完全に負けですよね。笑

 

 

やはり

勝負事というのは、

自分の勘を信じてある程度、

勝負することも大切なのだと

思いました。

 

 

それなりに失敗はするかもしれませんが、

そもそもそういう性質なので

遊べる範囲の金なら諦めて

勝負するべきなんですきっと。

 

 

誰でもできて、

こんなに可能性に満ちた

仮想通貨という投資は

少額でもやっといた方が、

いいと思うんですよね。

 

 

モナコインが数円の価値しか

ない時に何万枚か持っていた人は、

今や億万長者ですから・・。

 

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】


生き方ランキング

歴史上最高傑作『白い巨塔』の好きなシーンを何となく語ります

 

 

好きなドラマは何ですか?

 

 

私は日本のドラマが結構好きで、

よく見るんです。

 

 

最近はWOWOWのドラマが

結構見ごたえがあり、

演技派の俳優さんでしっかり

固めてあって好きだったりします。

 

 

しかし、一番好きなドラマと言われれば、

白い巨塔です。間違いなく。

 

 

原作は山崎豊子

主演は唐沢寿明

主役の財前五郎唐沢寿明

は大学病院の助教授です。

 

 

もうじき教授の退官が迫っていて、

実力も申し分ない財前は

当然教授になれると思っていたのですが、

現教授に嫌われており、

大学になる為の権力闘争や

葛藤などがあります。

 

 

名シーンだらけなのですが、

私が好きなシーンがあります。

 

 

大学病院に薬のセールスにくる

林田という女性営業マン

 

 

彼女は働き詰めで倒れてしまいます。

 

 

そして検査してみると、

癌の末期だったのです。

 

 

財前の同期である里見先生が

林田に癌を告知するシーンが

秀逸なのです。

 

 

いつもは冷静で、

頭の切れる林田ですが、

癌と知って取り乱します。

 

 

里見先生に怒ります。

 

 

ひとしきり怒り切ったあったに、

自分の身の上を話し出すのです。

 

 

仕事ばかりしてきたから、

恋人もいない。

 

 

ライバルはいても友達はいない。

 

 

家族は早くに亡くした。

 

 

彼女には仕事しかなかったのです。

 

 

若くして癌という大病を患った上に、

支えてくれる人もいない。

 

 

そして彼女のは最後里見先生に

お願いするのです。

 

 

最後を看取って欲しいと。

 

 

せめて信用できる人に

最後を看取って欲しいという

彼女のせめてもの願いに、

里見先生も力強く応えるというシーンです。

 

 

このシーンの凄さは語りきれません。

 

 

しかしまず、林田は脇役も脇役です。

脇役の人間

ここまで描き切るのは本当に

すごいの一言です。

 

 

そして死というものについて

向き合う姿勢を考えさせられます。

 

 

また、里見先生の医者としての

思想を変える

大事なシーンでもあります。

 

 

大学病院というところは

治せる患者を治すところで、

末期の患者と向き合う

場所ではないのです。

 

 

林田のような患者を

置いておくことはタブーで、

どこか小さな民間病院に

転院させるのが常なのです。

 

 

しかし後ほど里見先生は

 

 

『患者を選ぶことだと思ったんです』

 

 

と語ります。

 

 

医者とは病気を治す

仕事だと思っていた。

 

 

しかし、本当にそれだけなのか。

 

 

死と向き合う患者と

しっかり寄り添って、

病気と最後まで一緒に戦う

ことも医者としての使命なのでは

と言う考えに変わっていくのです。

 

 

それをたった数分のやり取りで

表現してしまう、

このシーンは本当に素敵なのです。

 

 

白い巨塔見てない人は

人生の5%くらい損していますよ!!笑

 


生き方ランキング

癖のある『22歳ゆとり世代』が職場に来た!奇行を繰り返す新人から自分が成長するための学びはどこにあるのか?

 

先日お客さんとの話です。

 

 

お客さんは中小企業の課長さんです。

 

 

その課長さんは新人さんに

悩まされているとのこお話でした。

 

 

私が比較的若いので、

話を聞きたいとのことで、

お話をしてくれたようでした。

 

 

新人さんは新卒で入ってきた、

22歳の男性です。

 

 

話を聞いてみると

いわゆる今時のゆとり世代

若者という感じなのです。

 

 

・9時始業の会社で、みんな8時頃出社し、

 8時半頃から掃除を始めるが、

 新人さんは9時ギリギリに出社してくる

 無論掃除もしない

 

・定時の18時になると

 さっと帰ってしまう

 

・仕事中も特にやることがなくなると、

 誰かに仕事をもらうでもなく、

 ネットサーフィンや携帯をいじっている

 

・ある日2時間残業をしたら、

 翌日2時間早く帰っていいかと言われた

 

・相当なお金持ちで、

 車も親が買ってくれて

 最近2台目に買い替えたところ

 

・あまりきつく言ってもパワハラ

 になってしまうかもしれないので

 困っているとのこと。

 

 

まぁ話を聞いた限り、

世代の問題ではなく、

個人の問題だと思いました。

 

 

恐らく裕福な家庭に育ち、

特に不自由がなく暮らせてきて、

親の言うままにとりあえず就職

をしたという感じなのでしょう。

 

 

いざとなれば親がなんとかしてくれるし、

ここで働かなくてはとか、

お金を稼がないと生活できないという

不安がないことからも、

そういう態度になるのでしょうね。

 

 

なかなかの問題児で大変だなぁと思いましたが、

僕は今回違う学びがありました。

 

 

『・9時始業の会社で、みんな8時頃出社し、

  8時半頃から掃除を始めるが、

  新人さんは9時ギリギリに出社してくる

  無論掃除もしない 』

 

 

の部分です。

 

 

これってどう思われました?

 

 

僕も話を聞いていた時、

最初はダメな新人くんだなぁ

と思いました。笑

 

 

 

でももし、この新人くんが

こんなことを言ってきたら・・?

 

 

『始業時間前に何故

 働かなければならないんですか?』

 

 

『残業代は出るのですか?』

 

 

 

いやぁこんなこと言う奴がいたら

めちゃ生意気ですよね。笑

小突いてやりたくなりますよね笑

 

 

でもこれに対して論理的だったり、

建設的な説得ってできますか?

 

 

恐らくできないと思うんです。

社会的な倫理やモラルの話を持ち出したり、

ルールだからと力でねじ伏せる事くらいしか

できないんですよね。

 

 

僕も瞬時にそう言う判断をしていました。

 

 

しかしよくよく考えて見てください。

 

 

これ誰しもが感じてたこと

のような気がするんですよね。

 

 

僕も入社当初始業前の掃除って

なんとなく腑に落ちていませんでした。

 

 

だっておかしいじゃないですか。

給料も発生しない時間に

仕事としてやらなければいけない

ことがあるなんて。

 

 

でも、そんなことを言えるわけもなく。

人間関係を円滑に回すために、

会社で生きやすくするために、

様々な理由をそこにくっつけて、

納得させていたんですよね。

 

 

しょうがないことだって。

だってルールだから。

 

 

世の中にはこんなことが

溢れていると思うんです。

 

 

特に理由も説明できないし、

なんかおかしいなと思うけど、

でもルールだから、

そう教えられたからやっていることが

たくさんあると思うんです。

 

 

もちろんその教え自体が

全て間違っているわけではないんです。

 

 

ただそこに気づいた上での行動なのか、

ただ、言われるがままに生きているのかって

大きな違いのような気がするんです。

 

 

そして私たちの上司や親、

そう言った世代の方々は、

頭ごなしにこう言う考え方を否定します。

 

 

その考えに慣らされた私たちも

いずれ同じことを言い出すわけですよ。

 

 

でもその頃にはその理不尽さも

忘れてそれが正しいと思っているんです。

怖いですよね。

 

 

でもなんでそんなに頭ごなしに

否定してしまうのかなと

ふと思ったわけです。

 

 

『盲目的に信じてきた正しさや

 価値観を否定されることへの恐怖』

 

 

がそこにはあると思うんです。

 

 

自分すらも特に何も考えずに

正しいと思い込もうとしていたことを、

わけのわからない若造に

否定されようとするわけですからね。

 

 

長く信じてきたことや価値観って、

もう自分の一部であるような錯覚を

人は起こしてしまいがちなんですよね。

 

 

でもそんなものを抱え込みすぎると、

最終的には私たちが、

忌み嫌っていた老害

なっていくんですよ最終的には。

 

 

だから、

なんとなく正しいと思っていたことなんかは

あっさり捨てちゃいましょう。

 

 

別に9時始業で8時半に掃除をすることは

いいと思うんです。

 

 

しかし『なんで?』って言われた時には、

立ち止まって見てもいいと思うんですよ。

 

 

そうかそんな考え方もあるよなって。

 

 

その上でどんな判断をするか。

相手の反応も変わるでしょうし、

自分の成長も受け入れることをしないと

ないと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 


生き方ランキング

私たちは何故他人の言葉で『傷ついたり』『怒ったり』するのか?

他人の心無い言葉で、

傷ついたり、怒ったり

一喜一憂しているのが我々です。

 

 

では何故私たちはこんなにも

人の言葉に感情を揺さぶられるのでしょうか。

 

 

人に何か言われて心が動くとき、

実は私たちはその言葉を

認めているのです。

 

 

どういうことか・・?

 

 

じゃあ仮に

『チビ!』という罵声を

Aさん(150cm)と

Bさん(185cm)に

あびせさせてみましょう。

 

 

Aさんは激怒します。

なんと失礼な!!!と。

 

 

しかしBさんは怒りません。

なんの気にもなりません。

なんでこんな見当違いなことを

相手が言うのか驚くだけでしょう。

 

 

だって

確実にチビじゃないからです。

 

 

このように自分が思っていない事は

どんなに失礼なことだろうが

気にならないのです。

 

 

逆に言えば、

気になることは自分が

そう思っていると言う事

なんです。

 

 

要は図星だから、

怒る、傷つく、悲しくなる

のですね。

 

 

だとすればそれは罵声でなく、

指摘であるとも考えられます。

 

 

だとすれば受け入れて、

冷静に何故この感情を抱いたのか、

自分と向き合う必要があります。

 

 

ちゃんと向き合えれば、

きっとそんなことを言った相手にも

感謝すらできるようになるでしょう。

 

 

イラつきながらも

気づかせてくれてありがとうと。笑

 

 

 


生き方ランキング

仮想通貨『ビットコイン』にアンチが多い理由〜でも買った方が得しそう〜

今日はビットコインについてです。

 

 

昨日モナコインについて

記事を書きました。

 

 

何はともあれモナコインは

皆んなに愛されている

仮想通貨であるということは

なんとなく伝わったんじゃないか

と思っています。笑

 

 

しかし、仮想通貨といえば

やはりビットコイン

 

 

知らない人からすれば、

やはり気になる存在の一番は

こちらでしょう。

 

ちなみに現在1ビットコイン

120万程です。

 

 

モナコインが700円前後なのと

比べていただければその凄さは

一目瞭然ですよね。笑

 

 

しかしこのビットコイン

モナコインの逆で、

アンチが非常に多いのです。

 

 

原因としては様々なものがあるみたいです。

 

 

・犯罪組織の資金源

・中国の手の中にある

中央政府がないとは言われているが・・

・複雑なので採掘にとんでもない電気代がかかる

・仮に量子コンピュータで採掘が可能になったら、

 その瞬間に全てが覆る可能性がある

 

 

特に中国の問題はすごいですよね。

ハードウォークなどビットコイン

今後について話し合いを持とうということになり、

ビットコインを多く持っている人を

集めたらほぼ全員中国人だったそうです。

 

 

ビットコインは今後インサイダー情報を駆使して、

中国に有利な価格操作を行われていく可能性が

あるのです。

 

 

また量子コンピュータがでの採掘が

できるようになった場合採掘速度が、

圧倒的に早くなるそうで、

そうなるとビットコイン

圧倒的に所持できるようになり、

その人もしくは団体が覇権を

握る可能性も秘めているのです。

 

 

という話を聞きました。

 

 

 

そうかじゃあビットコインはダメなんだな・・

 

 

 

と思ったかも知れませんが、

採掘などの問題や、

崩壊などの可能性は秘めています。

 

 

 

しかし取引だけの話を考えれば、

多くの有識者が今後も

値段は上がり続けるだろうといっています。

 

 

 

ちなみに今まで50万円などの大台に

価格がのった時などは、

一時価格が停滞したり、

下がったりたのちの上昇だったのですが、

今回の100万円という価格に関しては、

停滞もなくすんなり120万までいってしまいました。

 

 

 

100万円という大台をあっさり越えたところを

考えると、1000万も数年以内にありうるかもしれません。

 

 

お金に余裕があり、

ビットコインに嫌悪感のない人は、

0.1ビットコインからでも

購入できるので、

少し持っておくのもいいかもしれません。

 

 

0.1ビットコインなら12万ほど。

数ヶ月後には20万くらいはあっさり

いってしまうかもしれませんので・・

 

 

そんなあっさり儲かる投資なんて

そうないですからね・・。

 

 

まぁ僕はモナコインを多めに買って、

いつかビットコインくらいになることを、

期待する方にかけますが。笑

 

 

700円が10000円とかになったら

ヨダレものですからね・・笑

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】


生き方ランキング