社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。


スポンサードリンク

『この業界は特殊だから』って言った人は負けということにさせていただきます

 

 

『この業界は特殊だから』

 

 

こんなことを言ったり聞いたりしたことはありませんか。

私は非常によくこのセリフを聞きます。

 

 

幸か不幸か色々な業界に携わってきました。

 

 

旅行業・美容・整体・ガス・保育

色々な業界に携わる機会をもらいました。

 

 

本当に業界によって色々な違いがあることは

間違いがありません。

 

 

しかし、共通してみなさん口を揃えて言うことがあります。

 

 

『この業界は特殊だから』

 

 

どの業界に入っても絶対に言われます。

 

 

逆にうちの業界は一般的だからさ。

なんて一度も言われたことがありません。笑

 

 

以前こんな言葉を聞きました。

 

 

『自分のことは特殊だと思うのに、

 他人のことはまとめて一般化する。』

 

 

自分の関わっている業界は

もはや自分の延長にあるような感覚になり、

特殊な存在だと思ってしまうのでしょう。

 

 

また、関わりが濃く長くなればなるほど、

視野は狭まり、知識も増えるので、

より特殊に感じてくるのだと思います。

 

 

しかしです。

違いはあれど、

特殊ではないように思います。

 

 

そこに携わるのはどの業界にしろ、

結局のところ同じ「人」だからです。

 

 

偏りはあれど特殊などでは決してないのです。

 

 

むしろ特殊と言う言葉に逃げていたり、

自分の携わっている業界を特殊と言うことで、

そこに深く精通する自分自身を

特殊な人間と言いたいのかもしれません。

 

 

他と違っている部分はそれとして認めつつ、

特殊なんて言葉に逃げずに、

向き合うことが結構大事なのではとふと感じるのです。

 

 

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

SNSをやらない人間は馬鹿である

SNSをやる人やらない人はいるが、

SNSをやらない人間は完全に世界を狭めている

アホである。

 

 

やらない人間はSNSをやる人間

自己承認欲求の塊であるだとか言います。

 

 

本当にそうでしょうか?

 

 

SNSをやることにより、

横のつながりは広がり

共感する人間と幅広く繋がって行くことができます。

 

 

つまりSNSをやらない人間は

プライドが邪魔してSNSから逃げている

つながりの狭いつまらない人間と言えるのです。

 

 

・・・

嘘です。

逆の意見をどこまで言えるものかと

思いましたが無理でした。

 

 

正直SNSばっかやっている人を見下していますし、

わけのわからない動画を上げているやつは嫌いです笑

 

 

ただし逆の意見を考えるということは、

頭の柔軟性を鍛えるのには非常に重要なようです。

 

 

また凝り固まらないためにも、

こういったことは必要になるのではないでしょうか。

 

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

恥を捨てられない自分との葛藤。何を気にしているのだろう・・?

基本的に周りからの目を気にしてしまう

タイプなんです。

 

 

なんというか周りがわーっと盛り上がってやることとか、

モノマネとか本当に嫌で恥ずかしいんです。

できないし。

 

 

ただし、そういうのをすっとできているのを見ると

割と羨ましかったりするんですよ。笑

 

 

なんでできないかなぁと思うと、

やっぱり恥ずかしいし、あまり器用出ないので、

いい感じにできないのが目に見えているんですよね。

 

 

でもこの恥ずかしいって本当になんなんですかね。

自分は今更これ以上下がりようがないのに(笑)

何を現状維持しようとしているのでしょうか・・?

 

 

なんとなく思うのが自分というキャラを

自分の中で固定化して、

そこから外れることを非常に恐れている感じなんです。

 

 

別にそんなもの欲している人は周りにはいないのに。

 

 

自分というキャラクターの打破って難しいですよね。

特に意味はないのに。

 

 

その外側には何かありそうなんですけどね。

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

『仕事がつまらなくなった原因』は意外と『健康』に理由があったりする

f:id:takahakokun1011:20170706215709j:plain

 

 

いい時って色んなことを思考できると思うのです。

 

良いこともの悪いことも、

色んな情報が目まぐるしく自分に

入ってきてそれを咀嚼して、

落とし込んだり、きっかけとなって大きな変化となったり。

 

しかし、一度その歯車から外れてしまうと、

情報が入ってこなくなったり、

共有はされているのに、

落とし込めなくなります。

 

また、情報を得ようとする気持ちすらも

気づいたら失っていることもあります。

 

この状態にハマるとデフレスパイラルのように、

全てが悪い方向にベクトルが向いていきます。

 

・気力がなくなる

・情報を得ようとしなくなる

・思考の広がりがなくなる

・思考が広がらないので、仕事もうまくいかなくなくなる

・やりがいを見出せなくなる

 

などの最悪のルーティーンにハマっていきます。

 

問題は割とこのルーティーンにはまっていることに対して

自覚が想像以上にないということです。

 

恐らくこの症状は徐々に進行していくからでしょうね。

気づいた時には昔のいいルーティーンから大きく外れたところにいる。

 

これってどうやったら戻せるんですかね。

 

恐らくこれという原因があるわけではないんです。

 

1つ歯車が崩れてしまったから徐々に歯車が

回らなくなってしまって行ったんです。

 

私の場合は恐らく健康面の習慣だったように思います。

 

ジムに通っていた時期は身体が軽く、

疲れを感じにくくなっていたようです。

 

しかし忙しくなってしまい、

ジムをやめてしまいました。

 

するといつも身体が重くなり、

基本的に疲れやすくなり身体がだるくなります。

 

睡眠時間を増やすようになるので、

仕事をする絶対時間が減り、

取り組めることも減っていきます。

 

しかし睡眠時間を増やしたからいって疲れが取れるわけではなく、

むしろ疲れは溜まっていきます。

 

休日の睡眠時間は増え、

勉強に使用する時間も減っていきます。

 

仕事への活力も徐々に減っていく。

こんな流れにはまりました。

 

よくよく考えれば大元はスポーツをやらなくなったり、

健康面に気を使わなくなったことに原因があることがわかりますが、

そのやる気をなくしていった瞬間に関していえば、

全くもって理由がわかりませんでした。

 

何故こんなにも活力がなくなってしまったのか、

気持ちが上がってこないのか。

仕事への愛がなくなってしまったのかとも思いました。

 

意外かつ小さな小さな歯車が1つ噛み合わなくなってしまったことが、

きっかけで全てが崩れていったわけです。

 

もしよければ自分のモチベーションを保てていた時を

思い出して、そこから何が変わったのかを考えて見てください。

 

仕事とかその直面している課題と関係しているかなどは

一切考えずにです。そうすると意外なところに原因が潜んでいることが

わかったりします。

それはサプリ1つかもしれませんし、

ジムをやめてしまったこと、

ある友達に会わなくなったこと、

タバコを吸い始めたこと、

はたまたやめたこと、

ある場所に行く習慣を変えてしまったこと・・・

 

それらしきものを発見したら変えて見てください。

もしかするとそんな小さなことから全てが好転するかもしれません。

 

(約6ヵ月分/180粒)オメガ3(DHA+EPA)など健康油12種類を100%限界配合詰め!100%オイルdeオメガ3

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

人生において『食わず嫌い』ほどもったいないことはないと思った話

昔から食わず嫌いが結構多かったんです。

 

物事にも偏見が多いので、

割とイメージの悪いことには取り組まないんです。

 

例えばアニメとか

未だに偏見があって見ないんです。

(でも多分しっかり見たら面白いんでしょうね・・)

 

ただ、食わず嫌いを超えた時にしか、

感動はないんですよね。

 

どういうことかというと、

自分の範囲の中にしかないもので選択肢を持ち続けると、

範囲の中の幸せや喜びはあるのですが、

想像を超える喜びや楽しみや幸せはないのです。

 

私はレンコンの天ぷらなんて絶対に食べない人種でした。

 

しかしある時お腹が減りすぎて、

仕方がなく売れ残りのレンコンの天ぷらを買って食べて見たところ、

それはそれは素晴らしく美味でした。

 

また、別の話にはなりますが、

鈴木先生』というドラマを先日見ました。

 

今まで全く興味を持てずにまた主演の長谷川博己

あまり好きになれず・・またテレ東のドラマをなんとなく見くびっていたのもあります笑

なんとなく見なかったのですが、

暇でとりあえず見たところ、

想像を超えるいいドラマでした。

 

つまり嫌いは嫌いで全然オッケーだと思うのですが、

食わず嫌いをしているとそれだけで、

人生の幅を縮めかねないです。

 

こんな小さなことですら発見があったのですから。

 

皆さんも是非食わず嫌いに挑戦して見てください!

 

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

『APPLE』と『Facebook』と『マニュアル』と私

f:id:takahakokun1011:20180407210515p:plain

 

 

使える!活かせる!マニュアルのつくり方 (実務入門)

 

最近仕事でマニュアルを作成する機会がありました。

 

良いマニュアルとはなんだろうと結構悩みました。

上司はとにかくスマートなのが好きで、

APPLEを色々と持ち出します。

 

確かにAPPLEは凄い。

現にiPhoneユーザーですし。笑

 

しかしマニュアルという意味で

APPLEが優れているとは思えないんです。

 

HPを見ても確かにシンプルなんですが、

こう・・こちらに寄り添ってくれている感がないんですね。

 

同じくFacebookもそんな感じなんです。

 

これが最先端のマニュアルなのかもしれませんが、

私個人としてはどうしても納得ができないんです。

 

そこでいくつかのマニュアルを見てみることにしました。

 

すると情報の羅列のようなマニュアルや、

すごく丁寧なものも。

 

よくよく考えるとそもそも何故

APPLEFacebookのような企業が

そのようなマニュアルを作るのか。

 

そこでよくよく考えて見たところ、

APPLEFacebookは能動的に

使う製品であるという共通点が見つかりました。

 

どういうことかというと、

iPhoneFacebookは基本的に、

自分から積極的に使うものですし、

誰かに使わされるものではありません。

 

すると、マニュアルはあまり介入する必要は無くなります。

よくある質問などピンポイントの問題解決があれば、

あとはユーザーが勝手に使い倒してくれるわけです。

 

そしてその時いくら使いにくくてもユーザーの思想は

iPhoneFacebookに慣れなければ」となり、

決してiPhone使いにくいからダメとはなりません。

 

そもそもそういう製品を作ったAPPLEFacebook

凄いという落ちもありますが・・。

 

つまり作るマニュアルの製品が

『能動的』か『受動的』に使うものか

ここの観点が非常に重要になります。

 

受動的に使う製品に関して、

能動的製品と同じようなマニュアルをあてがわれた場合、

ユーザーは不誠実であると感じます。

 

だってそうじゃないですか。

誰かに「これを使え」と言われ、

マニュアル見て勉強してねと言われた時に、

検索窓とよくある質問だけだったらどう思います?

 

教える気ないじゃん!

私の質問がその他大勢の凡庸なものと定義されている気がしませんか?

 

というわけで、

APPLEFacebookに憧れることは

問題ありませんが、

真似できる部分と、少し咀嚼が必要な場合が

あると思うというお話でした。笑

 

使える!活かせる!マニュアルのつくり方 (実務入門)

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

なんでもいいから『期待値』を超えると一定の満足感を得てしまう

「大根(食材)大根(食材)」のフリー写真素材を拡大

 

 

人生の期待値はナンパで変わる 元パチプロニートがナンパをしながら外資系コンサルタントになった話

 

何をするにも人は一定の期待値を持っています。

 

 

ラーメン屋に行く時に

ある一定の味であってほしいという期待値を設定しています。

 

 

合コンに行く時、

こんな子がいたらいいなと一定の期待値を設定しています。

 

 

ドラマを見る時、

こんなストーリーであろうという期待値を設定しています。

 

 

そしてそれらを下回れば、

がっかりし期待ハズレ。

 

 

上回ると非常に満足感を得るというわけです。

 

 

 

この期待値ですが、

どうやら想定していないところで、

期待値を超えても人は感動します。

 

 

私は先日居酒屋にいきました。

 

 

『お通し大根おろしだよ』と友人から聞かされていました。

 

 

しかし、私は度肝を抜かれました。

大根おろしがどんぶり一杯

に出てきたのです。

しかもおかわり自由だそう。。

 

 

別に特別大根おろしが好きなわけでもありませんし、

その店はこれといって特徴的な店ではなかったのですが、

瞬時に惚れてしまいました。

 

 

私は居酒屋に料理やお酒が美味しかったり、

雰囲気の良さを期待していったわけですが、

予想外のベクトルで圧倒的な期待値の越え方をしてくれた

おかげでかなりの満足感を得てしまいました。

 

 

つまりご飯を食べにいったとしても、

別に料理の味で必ずしも期待値を超える必要はない。

 

 

合コンであっても、

外見でもって必ずしも期待値を超える必要はない。

 

 

ドラマであっても、

ストーリーで必ずしも期待値を超える必要はない。

 

 

ということです。

何か突拍子も無い期待値の越え方をすることにより、

とてつもないファンを得られるかもしれません。

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

人生の期待値はナンパで変わる 元パチプロニートがナンパをしながら外資系コンサルタントになった話


スポンサードリンク