社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。


スポンサードリンク

『格好いい人』に共通するたった1つの特徴とは?

「部下が作成した資料を確認する敏腕上司部下が作成した資料を確認する敏腕上司」[モデル:大川竜弥 Lala]のフリー写真素材を拡大

 

 

 

 

影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく

 

 

私たちの周りに存在する

 

 

なんか尊敬される人や、

なんか格好いい人

 

 

なぜその人たちが尊敬されるのか。

なぜその人たちが格好いいのか?

 

 

って考えた事はありますか?

私も最近までなんとなくその

格好よさに魅せられているだけでした。

 

 

しかし、格好良くなりたいと

いう思いが出てきた時、

何が格好いいのか、ふと疑問に思いました。

 

 

◎仮説①:正しいことをしているから格好いいのか?

 

清廉潔白。

正義の味方だから格好いいのか?

 

 

小さい頃目指す格好良い像は

まさに上記のような絵に描いたような

ヒーローでしょう。

 

 

しかし、大人になって、

社会の複雑さや人間関係の難しさ。

それらを知った時に、

ただ思想が美しいだけが

格好よさの対象ではないと感じます。

 

 

 

◎仮説②:低姿勢・腰の低い人

 

歳を重ねたり、

偉くなっても腰の低い人。

これは本当に凄いことです。

 

 

しかし、腰が低い全ての人を

格好良いと思うか?

これも否ではないでしょうか。

 

 

なんだか腰が低いだけで、

そこに芯が見えなかったり、

裏があるように見える人もいます。

 

 

腰が低いことが絶対的な

条件ではないようです。

 

 

◎仮説③:身なりがいいから格好良いのか?

 

身なりがしっかりしていると、

やはり格好良く見えます。

 

 

高いスーツに身を包んでいる人を見ると、

仕事ができそうに見えたり、

人間性も高そうに見えます。

 

 

しかし、やはり外見だけで、

中身が伴わない人を格好良い

とは思えないでしょう。

 

 

逆にシンプルな服に身を包んでいても、

格好良い人は格好良い。

 

 

飽くまでプラスアルファのオプション

のような扱いと言った

レベルに過ぎないでしょう。

 

 

◎仮説④:頭がいいから格好がいいのか?

 

頭がいい人って話が面白いんですよね。

仕事もできる人が多いし、

これもまた格好よさの

重要な条件のように思います。

 

 

しかし、仮に頭がいいからと言って、

人間性が腐っていたら、

格好良いなんて決して思えないはずです。

 

 

絶対条件ではないように感じます。

 

 

◎じゃあ一体格好良い人とは・・?

 

いろんな要件を上げてきましたが、

全てが正しいようで、

全てが違っているような感覚です。

 

 

ここで考え方をちょっと変えてみます。

 

 

正しい人が必ずしも格好良いわけではない。

という事は先ほど触れました。

では悪い人・悪役は格好悪い

のでしょうか??

 

 

例えば、白い巨塔というドラマの

主人公、財前五郎

技術は折り紙付きですが、

主人公でありながら、

権力に溺れ、お金で医局を動かしたりする、

結構な悪どい人間です。

 

 

しかし、どこか彼には格好良さを

感じてしまいます。

 

 

彼のセリフの中で、

『僕は教授になるよ。

 確実なものが欲しいからね。』

というものがあります。

 

 

助教授だった財前五郎

教授になるために

なりふり構わない

決意の言葉です。

 

 

倫理的にみて彼の行動が

正しいとは決して思えません。

 

 

しかし、自分が正しいと思う事、

自分の成すべき事をするには、

偉くなるしかない。

教授という地位を手に入れるしかない。

 

 

そんな強い思いが

この言葉には込められています。

 

 

そんな強い言葉に私たちは

格好良さを覚えます。

 

 

つまり悪役にも私たちは

格好良さをなぜだか覚えてしまう

わけです。

 

 

◎格好良い人の条件

 

じゃあ結局格好良い人って

どんな人なんでしょう?

 

 

色々な要素や、

人による価値観の相違があるので、

これが絶対的な解ではないかもしれませんが、

私が感じる一番の格好良さの条件は、

 

 

『一貫性がある事』です。

 

 

先ほどの例で言うところの、

財前五郎は教授になると言う

一点の軸においては

絶対揺るぎませんでした。

 

 

その1点から発生する彼の行動は

間違っていようがある意味で

周りの人間に納得感を与えてしまいます。

 

 

例えばキングコング西野亮廣さん。

数年前まではただの嫌われ者、

生意気な印象を受けていた人も

多いのではないしょうか。

 

 

しかし彼の行動は

彼の定義する芸人という

軸からはブレておらず、

その一貫性を貫いていった結果、

未だにアンチも多いですが、

根強いファンが多いのも事実でしょう。

 

 

 

例えば私の先輩社員。

女好きで酒好き。

挨拶返事もしない。

客を選ぶし、態度も悪い。

 

 

しかし、毎朝誰よりも早く出社してくるし、

知識量は尋常じゃありません。

 

 

全てが揺らがずずっと同じです。

最初は嫌いでしたが、

彼が正しいとは思いませんが、

なぜだか、格好良さを覚えてしまいます。

 

 

その人の軸が見えると、

その行動の理由が明確になるので、

倫理的に間違っていようが、

周りの人間はある意味で、

納得してしまうんです。

 

 

わたしは、あなたは、

一貫性を持てていますか?

 

 

 

影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく

 


生き方ランキング

 

気付いた時には自分の嫌いだった『上司』や『先輩』と同じことを言ってしまう

 

f:id:takahakokun1011:20170716101850j:plain

 

 

新入社員の時。

新入生の時。

新しい環境に入った時。

 

 

右も左もわからず、

あたふたしたこと

覚えていますか?

 

 

徐々に記憶は薄れていきます。

 

 

人は過去を美化します。

 

 

当時あんなにもボコボコに怒られていたのに、

今できるようになった自分を思うと、

なんだか最初の怒られていた記憶も、

少し改ざんされ、

結構できていたような感覚に陥ります。

 

 

私も新入社員の頃は

めためたに怒られていた一人でしたよ。

 

 

なんなら同行した上司に

運転の仕方や、

道を覚えられないことで

怒られていました。

 

 

今でもたまに思い出してイラつきます。笑

 

 

『道なんか知ってるだけで

 偉そうにしやがって。

 そりゃぁ何回もきてれば覚えるだろうよ。』

 

 

って思ってました。

なんならナビ使うから、

放っておいてくれって思ってました。

 

 

叱っても慕われる上司ほめても嫌われる上司

 

 

そんなのも最初の1ヶ月くらいで、

数ヶ月する頃には大まかな道は

だいたい理解していました。

 

 

そして教える立場になって

同行しているとどう思うか。

 

 

『なんでこんな道を覚えられないんだろう?』

 

『自分はもう少しわかっていた。』

 

 

なんてことを無責任に思い出すのです。笑

 

 

しかも2週間程度しか

その辺りの道を走ったことのない人に。。

 

 

自分はもう少しわかっていたというのも、

完全にうぬぼれだと思います・・。

 

 

要するにあの時きっと上司が

思っていたであろう通りに、

同じことを考え、

同じようなことを言ってしまっているのです。

 

 

あの忌み嫌っていた上司と同じように。

 

 

知識や経験が増えるということは

素晴らしいことです。

 

 

しかし、それと同時に

初心者の目線というのも

どうしてもわからなくなるものです。

 

 

ましてやそれを

少しでも理解できていなければ、

完全に嫌われる上司・先輩の

完成です。

 

 

わからない人の気持ちを

完璧にわかる必要はありません。

 

 

しかし、

 

・わからない人がいるということ。

・自分も例外なく大差のない

 同じような道を通ってきているということ。

・わからないということを理解するよう努めること。

・分かる人の簡単は、ある程度の基礎知識に

 基づくものでそれがない人には

 理解は非常に難しい。

 

 

これらのことを脳の片隅に

おいておく必要があります。

 

 

それらを忘れた途端に、

あなたは私と同様に愚かな先輩や上司に

なっていることでしょう。

 

 

叱っても慕われる上司ほめても嫌われる上司

 

 

 


生き方ランキング

 

『上手くなる人』『成長する人』と『落ちこぼれていく人』の差

「部活の練習後に水筒とタオルを差し出す女子マネージャー部活の練習後に水筒とタオルを差し出す女子マネージャー」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 

 

私は中学生の頃バスケット部に

入っていました。

 

 

3年間続けましたが、

頭角をほとんど表すことないまま

私のバスケット人生は終わってしまいました。

 

 

顧問の先生も、

バスケット経験者でなく、

練習の内容もひどいものでしたし、

みんなが好き勝手にやっているだけだったので、

センスのある人はそれなりに。

センスのない私みたいなタイプは

上手くもならずという感じでした。

 

 

ただ、練習時間だけを見ると、

朝から晩までやっている日もあったりと、

少なくはなかったように思います。

 

 

でもどんどんと差は開いていくばかりです。

 

 

当時はこの差に関してもほとんど

考えることもありませんでした。

 

 

単純にあいつは上手いとか、

センスがあるからとか

そんなレベルでしか捉えることが

できていなかったのです。

 

 

そして社会人になった今、

ふと成長する人、上手くなる人の

特徴が2つあることに気づきました。

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

人として成長する: 人生って、変わるし変えられる

 

 

①絶対数をこなしている

 

これは単純な話ですが、

10より1000というように、

数をこなしている人が

強いということです。

 

 

私たちは想像以上に

自分に甘い生き物です。

 

 

自分では50でかなり頑張っている

つもりになっていましたが、

実はその道で先を行く人は

1000やっていたなんてことがあります。

 

 

まずは客観視して、

その道のプロとの絶対量の差に気づき、

絶対数を近づけなければならないんです。

 

 

②1つ1つに対する意識が違う

 

絶対数の多さは前述しましたが、

本当のプロは絶対数を増やしながらも、

1つ1つに対する意識も、

マチュアを凌駕しています。

 

 

ある名ゴルファーの幼少期は、

1日に練習で2000球以上も

打っていたそうです。

 

 

その球数の多さだけでなく、

1球1球にそれぞれテーマを

持っていたそうなんです。

 

 

打った時に何を意識して打ったのか聞くと、

都度明確に意識している点

返ってきたそうです。

 

 

上手くなる人というのは、

練習でも常に緊張感を持っており、

それぞれに意味を持って

取り組んでいます。

 

 

そして中学時代の私を思い出すと、

通りで上手くならないわけです。

 

 

センスや運動神経以前に、

取り組む姿勢が全く違ったわけです。

 

 

非常に悔やみましたが、

こればかりは過ぎてしまったこと。

悩んでも仕方ないのです。

 

 

しかしこれはスポーツに限ったことでしょうか?

仕事にもほとんど

同じことが言える気がします。

 

 

仕事の場合は全てが練習であり、

全てが試合のような状態です。

 

 

雑務1つとったとしても

ここで1球1球のテーマを持てるかが、

成長するかしないかを

大きく変えるのではないでしょうか。

 

 

皆さんはそれぞれの1球に

緊張感を持ちながら、

テーマを持てているでしょうか。

 

 ↓ ↓ ↓

 

人として成長する: 人生って、変わるし変えられる

 

 


生き方ランキング

 

『背中』を見て素質をはかる力道山から何が学べるのか

f:id:takahakokun1011:20170713222905j:plain

人を見抜く力 人を見る目がある人は、人のどこを見ているのか

 

この人は人を見る目がある。

なんて言ったりしますよね。

 

 

靴を見れば、

爪を見れば、

服装を見れば、

人がわかるなんて言う人もいます。

 

 

ただそんなありきたりで、

表面的な部分で人を

判断している時点で、

見る目があるとは

到底言えないですよね。

 

 

そこには独自性がなければ、

能力としての価値はありません。

 

 

力道山はレスラーの面接をするときに、

服を脱がせ、

背中を見て判断したそうです。

 

 

背中で素質を見抜いてしまうなんて

すごい話です。

 

 

それが他の業界などで通じるかと言えば

もちろん答えは『いいえ』です。

 

 

しかし、その独自性という意味で言えば、

真似るだけの価値は十分あるのでは

ないでしょうか。

 

 

力道山は背中を素質を見抜く

という観点で見続けたからこそ、

背中でレスラーとしての将来性を見抜く

力を養うことができたのです。

そこには情報の蓄積があります。

 

 

自分独自の尺度を持って、

そこを意識して常に人を見るように

すると情報が蓄積されていきます。

いつかその独自の尺度が

自分の見る目を形成します。

 

 

漠然と人を見ていた頃より、

確実に。

 

 

力道山『背中』という尺度でしたが、

あなたはどんな尺度

持って人を見ていきますか?

 

↓↓↓

 

人を見抜く力 人を見る目がある人は、人のどこを見ているのか

 

 


生き方ランキング

 

読書をする意味は『こんなところ』にもある

 

 

私は割と偏屈で頑固な人間でした。

過去形ですが、今でもその節はありますが、

いくらかは改善されたつもりです・・。笑

 

 

改善されてきた理由の大きな原因は

読書にあります

 

人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊

 

私は非常に視野の狭い人間でした。

なのに、自分は多角的に物事を見れており、

いく通りもの考え方をできていると

思い込んでいました。

 

 

例えるなら、神奈川県の地図だけを見て、

世界の全てを知っていると

思い込んでいたような感覚です。

 

 

無知ゆえに無根拠の自信

あったというわけです。

 

 

ですから、他人の助言やアドバイス

受け入れられないのです。

 

 

自分の見えている世界が正しいと思うばかりに、

他人の目は間違っている、

もしくは他人が視野が狭いから

私のことを理解できないのだと思っていました。

 

 

しかし、読書をしていると、

自分にない考え方が五万とある

ことに気付かされていきます。

 

 

知識はないかもしれないが、

思考という意味で言えば

おおよその選択肢を持てている

と思っていた自分にとっては

非常にショックな出来事であり、

大きな発見でもありました。

 

 

読書により多くの考え方を学んだことにより、

私は自分が無知である

と言うことに気づき、

他人の助言やアドバイス

以前よりも素直に聞けるようになりました。

 

 

無知な自分に新たな考え方や

物の見方を教えてくれるわけですから。

 

 

愚かにもイラついてしまったり

することはまだまだあります。

 

 

しかし、無知ゆえにいらついたり、

相手の言葉を私が理解できていない

だけなのではないか

と言う可能性を持てるように

なったことにより、

ただイラつくと言うことが

減ったことは確かです。

 

 

もし私たちがいらついてしまう時には

常に自分が無知であるがゆえの

可能性を含んでいることを

忘れないでください。

 

 

相手が理解しないことを考えるのではなく、

自分が相手を理解できない

のはなぜかを考える癖をつけると、

世界がぐっと広がりますよ。

 

↓↓↓

 

人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊

 

 

 

 


生き方ランキング

 

『現状維持のメリット』と『変化のデメリット』を比較すると言う不思議な世の中の構図

f:id:takahakokun1011:20170718223035j:plain

 

 

人生は常に選択だと思うんです。

 

 

どんなことにも選択肢があって、

どれかを選んで生きています。

 

 

例えば、朝起きて会社に行きます。

これも当然の義務のように

行なっていますが、

実は行くか行かないかの選択を

しているわけです。

 

 

行くことと行かないことを比較して、

自分自身で選択して会社に行きます。

 

 

あまりにも無意識的にそれを行なっているので、

まるで道が1本しかないように錯覚してしまいます。

 

 

しかし、そんなことはないのです。

常に自分には

見えていない・見ようとしていない・気付いていない

別れ道がたくさんあるんです。

 

 

これらの別れ道にちゃんと気付いた人は、

常にどちらの道かを『選択』しています。

 

 

しかし別れ道に気づかない人は、

ひたすらに今までの延長に

ある道を進み続けます。

 

 

そして後者がたまに別れ道に

気付いたり、気付かされると

『今進んでる道のメリット』と

『別れ道のデメリット』を比較します。

 

 

 

現状維持が最大のリスク

 

 

 

こんなおかしな比較は間違っています。

 

 

常に『現状維持のメリットとデメリット』

『変化することのメリットとデメリット』

を比較するべきではないのでしょうか。

 

 

現状維持のデメリットは特に

抜け落ち易いものです。

 

 

多くの旧態依然とした組織は

この構図にはまって行きます。

 

 

現状維持を通常だと思うのでなく、

現状維持も変化と対等な選択肢の

1つとして比較検討すると言う

意識こそが最も大切なことではないのでしょうか。

 

 

現状維持が最大のリスク

 

 


生き方ランキング

 

自分には認識できていない『自分の問題』があると言う認識を忘れないことが人間関係を良好にする

f:id:takahakokun1011:20170717151412j:plain

 

苦手な人との付き合い方が変わる 人間関係のトリセツ

 

よく人は自分のことは

自分が一番よくわかっている

なんて言いいますよね。

 

 

私も割とそう言う意見でした。

 

 

周りから何か不快なことを言われれば、

こいつは何もわかっていない!

感情的に反論していた程です。

 

 

実際どうなんでしょうか。

 

 

確かに部分によっては

自分が一番知っている

こともあるでしょう。

 

 

しかし、周りの方が圧倒的に

よくわかっていることも多いのです。

 

 

そして少なからず、

その言葉が自身の本質とずれていても、

客観的にそう言う

見え方をしている場合がある

と言うことは紛れも無い事実なんです。

 

 

先日友人と占いに行ったのです。

 

 

私は本質的に甘えたがりなところが

あると言う話をされました。笑

 

 

もちろん自分自身としては

そんな性質はあまり

認識していなかったですし、

そもそも甘えたがりとか

恥ずかしいじゃないですか。

 

 

もしかするとそう言う認識から、

認めていなかったと

言う部分もあるのでしょう。

 

 

つまり、私自身甘えたがりと言う

認識もないですし、

恥ずかしいことですので、

そんな素ぶりを友人に見せた

こともなかったわけです。

 

 

しかし、友人はその話を聞いて、

『なんとなくわかるわ〜!』

 

 

と言っていたわけです。

そんな風に見えていたとは

少し衝撃でした・・。

 

 

でもこれは面白いことだと気付きました。

 

 

・私の認識

『甘えたがりでは無い』

 

・周りからの認識

『甘えたがりっぽい』

 

 

と言う真逆の見え方をしているわけです。

 

 

そして以前であれば私は、

そんなことはないと否定したはずなのですが、

そう言う見え方していたんだなぁ

と思う事にしました。

 

 

すると、こう言う所から、

甘えん坊な雰囲気を感じるとか、

会話が深まるんですよね。

 

 

何より屈託のない意見を

もらえるチャンスが増えるので、

自分を変えるチャンスが

より多くなるわけです。

 

 

まぁ今回はたまたま占いですが、

仕事とかでも同じだと思うのです。

 

 

例えば、以前先輩から

『君は否定が多いよね』

なんて言われました。

 

 

私はちょっと不快な気分になり、

『いや、そんなことないです。』

 

 

と返したことがありました。

言われた直後から否定すると言う

愚かっぷりでした。笑

 

 

そのせいで私の

人としての成長は確実に遅れました。

 

 

周りから自分は否定が多い

とみられる要素があるのかと

少しでも思えたならどうだったんでしょうか。

 

 

自分には認識できていない

問題が自分にはあると言う認識を

初めから持っておくことが、

相手との衝突を減らし、

成長する人に必要なマインドだと思うのです。

 

 

きっと偉人や成功者に

腰が低く人当たりの良い人が

多いのはここに

気づいているからなのではないでしょうか。

 

 

苦手な人との付き合い方が変わる 人間関係のトリセツ

 


生き方ランキング

 


スポンサードリンク