社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。


スポンサードリンク

【読書9】革命のファンファーレ

f:id:takahakokun1011:20180122210028j:plain

 

まず言っておきたいことがあります。

 

 

私は西野亮廣さん

のことは割と嫌いでした。笑

 

 

 

ナルシストだし、

はねるのとびらの時の天狗感が

仮に演出であったのだとしても、

とてもとても鼻につく存在だったのです。

 

 

そして何かと炎上をするし、

かと言ってその本意を

調べるほどの興味も

なかったというのが本音です。笑

 

 

abemaTVでエゴサーチTVという

番組をやっています。

 

 

私はひろゆきさんが好きなので、

出演していたことを知り、

見ようと思った時も、

なんで西野さんが司会なんだろうという、

嫌悪に近い感情を抱きながらも、

ひろゆきさんを見たかったので、

番組を視聴しました。

 

 

あっという間に見終えました。

やっぱりひろゆきさん面白いし

頭がいいなぁと。

 

 

そして後日次は堀江さんが出ていると。

 

 

まぁ西野さんは嫌いですが、

堀江さんは見たいので、

見てみる。

 

 

やっぱり堀江さんも面白いし、頭がいい。

 

 

・・・?

あんなに嫌いだと思っていた、

西野さんが意外と邪魔にならない。

 

 

そして、ひろゆきさん、堀江さんと

普通に会話して成立させてしまっている。

むしろそれに近い考え方を披露しているのですよ。

 

 

割と他の芸人さんとかが絡むと、

異端児的とか、常識から外れた人みたいな

扱いをずっとするのですが、

西野さんはそうでない。

むしろことごとく納得して

楽しんでいるような感じだったのです。

 

 

この2人とこれだけ会話をしながら、

持論も展開しつつ、

話をある程度盛り上げる・・

この人結構凄くね??

と思ったのです。笑

 

 

ある時は岡田斗司夫さん

番組にゲストで出ていた時も、

やはりすごいんですね。

 

 

あんな癖のある人と話して、

盛り上がっているし、

吸収しようとしているんです。

 

 

それでいてゴッドタンのような、

えげつないお笑い番組で、

しっかりと『嫌われ者』も演じきる。

もちろん面白い。

 

 

この人すごい人だなと確信しました。笑

 

 

ただ僕個人の偏見にまみれた

意見でいうと、

お笑い芸人さんとか

タレントさんのの本って

なんか抵抗があるわけです。

 

 

なんかどうせ話題性だけで

売れているんでしょ?

みたいなうがった見方をしてしまいます。

 

 

そこでなかなか手が出なかったんです。

 

 

でも書店ですごく目にするし、

表紙の赤色がすごく目につくんですよね。

 

 

そこで軽く立ち読み。

 

 

あれ・・?

あれれ・・・?

 

 

面白いんですよ。

めちゃめちゃ読みやすい

ビジネス本なんです。

 

 

大ヒットした絵本

えんとつ町のプペルに盛り込まれた、

周到な作戦が惜しみもなく

語り尽くされているんですよね。

 

 

また、クラウドファンディングって

お金を調達するツールだとしか

認識していなかったのですが、

それ以上の価値をそこに見出し、

実際にそれが世間の

人々の心を動かしていたことにも

驚かされました。

 

 

最後に

f:id:takahakokun1011:20180122211935j:plain

 

小見出しのページにすら、

意図があることが語られています。

 

 

僕は言われるまで

全く気付きませんでしたが、

今の時代に沿った

理に適った作戦だなぁと

唸らせていただきました。

(これは堀江さんの受け売りで、

 許可をいただいて真似したそうですが。)

 

 

最後に、

この前のゴッドタンの

西野さん最高に面白かったなぁ。

 

 

 

 


生き方ランキング

最も大事なことは『無知の知』。つまり自分が『無知であることに気づく』こと。

 

ソクラテスの言葉

無知の知

 

 

なんとなく聞いたことがあった

程度だったのですが、

この前読んでいた本に出てきて、

意味をちゃんと知りました。

 

 

『無知であるということを知ること』

 

 

だそうです。

そしてこの状態こそが最も

尊いことであるそうです。

 

 

テスト勉強などを頑張った

経験があると感覚的にわかるのですが、

やればやるほど、

その奥深さを知り、

勉強の足らなさを思い知らされます。

 

 

逆に中途半端に勉強した時というのは、

妙に自信があったりします。

表層だけ触れて全てを知ったような気になり、

深さが見えないからなんですよね。

 

 

後者が『無知の無知』と言われる

状態です。

 

 

要するに

『無知であることを知らない』

という状態です。

 

 

これに関する実験もあります。

 

 

あるテストを実行します。

そして全ての受験者に

自分が何点くらい取れていると思うかを

確認していきます。

 

 

すると実際の結果が下位20%の人たちは、

自分の実際の点数よりも、

10点以上高い点数を取れていると

思っていたことがわかりました。

 

 

中には上位5割に入っていると

思っていた人もかなりの数いたそうです。

 

 

逆に上位10%の人たちは

実際の点数よりも

低い点数を予想していたそうです。

 

 

『無知程自信を与えるものはない』

 

 

こんな言葉もあるくらい

無知というのは愚かな自信を与えてくれます。

 

 

どんなジャンルであれ

達人クラスの人というのは

周りから見れば完璧に見えますが、

自分が出来ていないことを常に

認識していますし、

それ故にとても謙虚な人が多いのです。

 

 

これは日常生活レベルでも

結構大事な話のようです。

 

 

先日女性の友達と話をしていた時に、

旦那さんの話を聞かせてくれました。

 

 

『旦那さんは、食事をする時、

 最初の数口は静かに噛んでいるけど、

 7噛みくらいから、

 くちゃくちゃいうのがすごく気になって、

 注意したら直ったから良かった。』

 

 

と言っていました。

 

 

この旦那さんは7噛み以降のそこに

問題があることを知らなかったわけです。

 

 

そして注意されることで、

気付き、直すことができた。

 

 

指摘してくれるのは凄く有難いことです。

 

 

しかし、この話の肝は

自分には常に見えていない

問題がある

ということかと思います。

 

 

自分の視野で見えることにしか

問題がないと思っていることが、

まさに『無知の無知』。

 

 

これは姿勢に直結してきます。

 

 

もし自分の視野の外の問題

を認めることができていなかったら

この指摘に憤慨する人もいるかもしれません。

 

 

しかし、自分の見えていない問題も常に

あるという意識のある人だったら、

自分には見えていない問題を教えてくれたことに

感謝するでしょう。

 

 

そして私自身意識していなかったことなので

気をつけなければならないことだなぁと思えたのは、

無知の知側に少しでも足を踏み入れられている

という証拠なので少し成長を感じたのでした。笑

 

 

 


生き方ランキング

【読書8】小さな習慣

f:id:takahakokun1011:20180116224706j:plain

 

勉強とか

ダイエットとか

 

 

続かないですよねなかなか。

 

 

毎月、毎年意識新たに決意するわけです。

 

 

「今年こそは」

 

 

って。

でもやっぱり続かない。

 

 

この本が全てを教えてくれます。

 

 

なぜ続かないか?

 

 

それはモチベーションで

続けようとするからなんです。

 

 

モチベーションでやり出す時というのは、

前頭葉の領域でもって行動します。

 

 

前頭葉というのは理性をつかさどる部分で、

非常に優秀なのですが、

エネルギーも物凄く使うわけです。

 

 

モチベーションが続かないのは、

前頭葉のエネルギー消費によって

疲れてしまうんですね。

 

 

つまり何かを続けたいと思った時に、

モチベーションでやることが

間違っているのです。

 

 

そうではなくて

続けたい対象の使用領域を

 

 

前頭葉大脳基底核

 

 

に変えることができれば、

続けることは苦ではなくなるのです。

 

 

大脳基底核は同じことを

繰り返すことに優れ、

エネルギー消費量も非常に低いのです。

 

 

もし勉強を続けたいのであれば、

勉強を大脳基底核

できるようにするのです。

 

 

それどうやるねんって話ですが、

とにかく

とにかくとにかく!!

 

 

習慣化することだけを

目標にするのです。

 

 

勉強をしたいのであれば、

目標は最小にするので、

「毎日テキストを開く。」

 

 

とかです。

これをとにかく2〜3ヶ月

絶対に続けてください。

 

 

すると、

勉強が前頭葉の理性の部分でなく、

大脳基底核の無意識ゾーンに刷り込まれるのです。

 

 

勉強することは歯ブラシや風呂に

入るのと同じくらい自然なことに

なるのです。

 

 

この小さな習慣という本では

詳しくこの構造を書いています。

 

 

しかし侮るなかれ。

これ本当に実行してみると、

凄いですよ。

 

 

続けられるんです。

 

 

どんなに気が乗らなくても、

テキスト開くくらいはできるんで。

 

 

そしてテキストを開くと

意外とやれちゃうときもあるんですよ。

 

 

続かない人は是非一度この本を

読んで自分を変えてみてください。

 

 

習慣化してしまったので、

自然になってしまっていますが、

この本との出会いは非常に重要なものでした。

 

 

 

 

 

 


生き方ランキング

【読書7】「自分の言葉」で人を動かす

f:id:takahakokun1011:20180114170624j:plain

 

映画の感想とか

本の感想とか

 

 

短文でもグッと惹きつける人と、

だらだら内容を説明するだけで、

全然内容も見えなければ、

惹きつけられもしない。

 

 

自分自身がこの類の人間です。

 

 

でもこれってプロだからとか、

知識や語彙が多いからうまいとか

そう言う訳ではないような

気がしていたんです。

 

 

この本でそのあたりの

モヤっとした部分に納得がいきました。

 

 

つまり、例えば映画の感想を書こうとするとき、

我々下手な人は内容をまとめようとします。

 

 

そうするとどうなるのか。

 

 

2時間の内容を文章にしようとするのですから、

めちゃめちゃ長くなる訳です。

 

 

そして、正直どこまで話すべきかわからず、

中途半端な文章が完成する訳です。

 

 

ではどうするべきか?

 

 

自分の心が動いた一点を、

友達にオススメするように

まとめればいいのです。

 

 

本の中の例でいうと

桐島、部活やめるってよ

が題材として話されていました。

 

 

私はこの映画を見ていなかったのですが、

この例だけで気になってしまいました。

 

 

この映画のストーリーとしては、

野球部のエースである桐島が

急に野球部を辞めるところから

話が始まるのです。

 

 

しかし、なんと主役である

桐島が一度も映画に出てこないそうなんです。

桐島が中心にいながら、

中心人物を出さずに、

周りの目線から映画が描かれている

そうなんです!

 

 

ストーリーにはほとんど触れていませんが、

なんか気になりませんか?

 

 

このように自分が気になったところを

一点。それはどんな部分でもいいのです。

そこを書く!

そしてそれが伝わるくらいの

肉付けをすれば結構いい文章になるんです。

 

 

実は私の友達に、

お世辞にも知識や語彙の多い

タイプではない人がいます。笑

 

 

この人は身勝手に自分の面白いと

思うことをどんどん周りに伝えまくります。

 

 

言葉巧みでもなんでもないのですが、

周りの人が割と動かされるんですよね。

 

 

なんでかなぁと毎回不思議だったんですが、

この本を読んだ時に合点がいったんです。

 

 

実はこの人は徹底的に自分の

心が動かされたところ一点を、

非常に高い熱量でもって

周りに言っていたんです。

 

 

だからストーリーとか

よくわからないけど、

なんとなく周りも面白そうだなと

思ってしまうんですよね。

 

 

まさにこの本の言っている通りだなと

驚かされました。

 

 

色々な感想とかレビューの書き方が

あまり上手くないという自負の

ある人は読んでみると、

いいヒントが得られると思いますよ!

 

 

 


生き方ランキング

【読書6】七つの会議

f:id:takahakokun1011:20180113163559j:plain

 

池井戸潤さんの作品面白いですよね。

 

半沢直樹以降有名に

なり過ぎてしまいましたが、

一応名誉の為に言っておきますが、

その前から好きでしたので、

あしからず。笑

 

今までの最高傑作は空飛ぶタイヤですよね

何と言っても。

 

 

でも、もしかしたらこれが1番かもしれないです。

 

『七つの会議』

 

ある会社を舞台に話は展開していくのですが、

第一話では冴えない課長を中心に

話を展開していきます。

 

そして第二話・・

目線が変わるのです。

しかも第一話で敵っぽい立ち位置に

いた人の目線に変わるのです!!

 

それは第三話、四話・・・と

続いていくのです。

 

こんな展開があるのか!と。

 

しかもそれぞれの立場の目線で、

見ていくとどの人にも感情移入できて

しまうのです。

 

あぁ・・

正義とか正しさなんてものは

存在しなくて、

それぞれの立場に立てば、

全てはそれなりに正しいんだなぁ。

と言うことをよく理解しました。

 

ちなみに言っておくと、

陸王より圧倒的に面白いので、

いつドラマ化するのか心待ちにしています。笑

 

 


生き方ランキング

【読書5】金持ち父さん貧乏父さん

f:id:takahakokun1011:20180111221657j:plain

 

かなり有名な本ですよね。

 

 

また、マルチ商法の勧誘の時とかに、

抜粋して使われるので、

わりかし悪いイメージを

持っている人もいるかもしれません。笑

 

 

まぁ何事も使い方ということです。

 

 

いわゆる貧乏父さんというのは、

世間一般に言うお父さんで、

勉強をしろ!大学に行け!有名企業に入れ!

と言うタイプの父さんです。

 

 

金持ち父さんは

今の世の中でいう常識はずれな存在です。

貧乏父さんとは真逆な考え方を

小さい頃から主人公に教えてくれる

存在なのです。

 

 

中でもちょっと考えてしまうのが、

普通の人は

 

 

収入→消費

 

 

じゃないですか?

 

 

しかし金持ち父さんは、

 

 

収入→投資→消費

 

 

という流れを築くように

言います。

 

 

そう。

収入消費を繰り返していたら、

お金は減る一方。

 

 

収入の後に投資により、

資産を形成し、

その後初めて消費をする。

 

 

そういう流れをお金に働いてもらう

というそうなのですが、

このお金にも働いてもらうという

概念の形成こそが必要なのです。

 

 

日本はお金の勉強をしてきていませんので

このような発想って本当にできませんが、

少し外に目を向けると、

成功している人のほとんどが、

投資をしていることに気付きます。

 

 

投資を推奨する訳ではありませんが、

自分にない価値観を築くという意味で、

この本には非常に高い価値が

あると思っています。

 

 

 


生き方ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【読書4】自分の時間

f:id:takahakokun1011:20180108143014j:plain

 

以前西野亮廣さんが

時間が24時間だと足りない

という話をされていました。

 

 

だから人の時間をどうやって

奪って1日を50時間、100時間に

するかという話をしていました。

 

 

そんな発想があったことに

非常に驚きました。

 

 

そして私は自身の

時間の使い方を考えなければ、

と考えるようになりました。

 

 

24時間ですら持て余している

愚かな自分に。笑

 

 

そんな時に目についたのが

この本でした。

 

 

1点だけ物凄く響いた言葉が、

 

 

1日の1/3でしかない8時間に、

2/3の16時間が付随しているかのように

考えてはいけない。

 

 

現実では仕事は8時間ではありませんが、

仮に12時間だとしても1日の半分です。

 

 

残りの12時間は完全に

自由な時間であるはずなのに

その仕事の12時間に付随する

おまけの時間。

 

 

仕事12時間を基準とした、

エピローグとプロローグであるかのように。

 

 

確かにそうなんです。

仕事へ行く前は、

仕事に行くまでの準備時間。

 

 

仕事から帰ってきた数時間は

明日の仕事のための準備時間。

 

 

完全に切り離すことができれば、

12時間は圧倒的に

自由であるのに。

 

 

いつまであるかわからない自分の時間。

いつまでも無駄にしてはいけない

のかもしれません。

 

 

 

 


生き方ランキング

 


スポンサードリンク