社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。


スポンサードリンク

『キーボードの配列』と『停滞する人間の思考』


スポンサードリンク

「ソファーに座りインタビューしながら書き上げるライターソファーに座りインタビューしながら書き上げるライター」のフリー写真素材を拡大 

 

キーボードの配列って何故このような

よくわからない配置になっているのだろうと

考えたことはありませんか?

 

 

この配列はタイプライターが

使用されていた時代にまで遡ります。

詳細はググっていただければと思うのですが、

要するに連続で使用するような文字を

離した非効率な配置になっているのです。

 

 

しかし、そんな非効率な配置も慣れてくると

全く違和感なく使えるようになるから不思議ですよね。

 

 

では仮に、何も知らない段階で、

本当は効率的なキーボードを手にしたら

人はなんと言うかと言うことです。

 

 

恐らくこんなキーボードは使い物にならない!

非効率だ!などと言うんですよね。

 

 

人は慣れの生き物ですから、

慣れたものが良い物であったり、

過剰な価値をそこに見出したります。

 

 

とはいえ僕もやはり従来のキーボードを

使ってしまう気もします。笑

 

 

ここでの一番の問題は

 

 

『慣れにより優れているように

感じているが実際には新しい物の方が

優れているのではないか。』

 

 

と言うことを頭の隅におけるかだと思うのです。

 

 

実際に何を使うかという問題は二の次なんです。

 

 

この思考を持てていないことに関して

問題意識を持つことが非常に重要なんです。

 

 

旧態依然とした組織や、

変化を嫌う人たちは

 

 

慣れている従来の物

慣れていない新しい物

 

 

を同じ天秤で測ります。

 

 

でもこれって明らかにおかしいですよね。

 

 

だって従来のものには『慣れ』という

トッピング付きで評価しているのに、

新しいものにはトッピング無しですから。

 

 

こういう偏った評価や、

誤ったものの見方をしていると、

どんどんと置いていかれたり、

煙たがられる存在になっていくんだろうなぁと。

 

 

そして歳をとるごとに『慣れ』は増えていくので、

自己肯定感を見出す為に

そこに、より価値を見出しがちになります。

 

 

日々『慣れ』の価値を正しく

再評価しないといかんなぁと思うのです。

 

そうだったのか!―見慣れたものに隠れた科学

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 


スポンサードリンク