実るほど頭を垂れるぼやき

年齢を重ねるごとに、成長とともに頑固にもなり、怒られなくなる。そうじゃないだろ。日々小さな気づきで少しずつ成長したい。謙虚な自分に少しでも。

ひとりを満喫したかったのはなぜか


スポンサードリンク

やっぱりカップルとかを見ていると羨ましいんです。

可愛かったりするとなおさら。

 

なら彼女ができたならどうかっていうと、

あまり満たされない気持ちのまま。。

 

要するにそれは無い物ねだりであって、

本質的な価値がそこにはなかったわけです。

僕にとって。

 

その時思うのは女性にしても男性にしても、

個としての生楽しめるかじゃないのかって。

 

色んな思いを持って生きているけど、

結局は他人や物に価値を見出すことに意味はないんです。

 

それは初めてゲーム機を手にした時のように。

 

手に入れるまでは嬉しいけど、

手に入れた瞬間からは虚しく下降線をたどる。

結局手に入れることが目標になるようなものに価値はないんです。

 

お互いにそれぞれの個々が独立しているんだけども協力し合う。

助け合う。そんなところでなぜか一緒に暮らす。

そんなレベル感でしか本当にいる意味はないのではないかと

思うのです。


スポンサードリンク