社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

『背中』を見て素質をはかる力道山から何が学べるのか


スポンサードリンク

f:id:takahakokun1011:20170713222905j:plain

人を見抜く力 人を見る目がある人は、人のどこを見ているのか

 

この人は人を見る目がある。

なんて言ったりしますよね。

 

 

靴を見れば、

爪を見れば、

服装を見れば、

人がわかるなんて言う人もいます。

 

 

ただそんなありきたりで、

表面的な部分で人を

判断している時点で、

見る目があるとは

到底言えないですよね。

 

 

そこには独自性がなければ、

能力としての価値はありません。

 

 

力道山はレスラーの面接をするときに、

服を脱がせ、

背中を見て判断したそうです。

 

 

背中で素質を見抜いてしまうなんて

すごい話です。

 

 

それが他の業界などで通じるかと言えば

もちろん答えは『いいえ』です。

 

 

しかし、その独自性という意味で言えば、

真似るだけの価値は十分あるのでは

ないでしょうか。

 

 

力道山は背中を素質を見抜く

という観点で見続けたからこそ、

背中でレスラーとしての将来性を見抜く

力を養うことができたのです。

そこには情報の蓄積があります。

 

 

自分独自の尺度を持って、

そこを意識して常に人を見るように

すると情報が蓄積されていきます。

いつかその独自の尺度が

自分の見る目を形成します。

 

 

漠然と人を見ていた頃より、

確実に。

 

 

力道山『背中』という尺度でしたが、

あなたはどんな尺度

持って人を見ていきますか?

 

↓↓↓

 

人を見抜く力 人を見る目がある人は、人のどこを見ているのか

 

 


生き方ランキング

 


スポンサードリンク