社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

『あっ!あの時の飲み会行ってなかったら仲良くなってなかったんだなぁ。』全ては偶然であり必然なんだなぁと感じた話。

 

最近なんだか友達が増えるのです。

 

 

年齢の幅もかなり広め。笑

 

 

私は全くモテないのですが、

女の子からなぜか安心感を抱かれるので、

普通に2人で飲んだりとか

することは多いわけです。

 

 

この前もどうせこいつは暇している

と思われたそうで、

A子さんから飲みいくぞ

とお誘いいただきました。

 

 

まぁ案の定暇だったので飲みました。

 

 

実はA子さんは友人の友人で

会うのも4、5回目だったわけですが、

なんとなく飲むくらいになってたわけです。

 

 

しかし、よく考えると結構奇跡の連続で

繋がっていることに気づきました。

 

 

初めて会った時は、

1人で飲んでいたところ、

別卓にいたA子さんが共通の友人の

名前を出したところで、

少し話をしました。

 

 

そしてその日は、

偶然にも共通の友達も合流するようだったので、

一緒に飲んだわけです。

 

 

これも結構レアなシュチュエーション。

 

 

そして2回目。

今度は別の女友達Bからのお誘いでした。

A子さんと見知らぬイケメンと3人でいるから

来いというのです。

 

 

普通いかないですよね。

場違いじゃないですか。

 

 

でもまぁすごく暇でしたし、

翌日も特に何もなかったので、

顔を出したわけです。

 

 

そして、何故か皆んなで次回鍋をやる約束を

したりとトントン拍子で繋がっていくのです。

 

 

そんなこんなでA子さんと

お友達になったわけですが、

 

 

2回のどちらかが欠けていても、

多分一緒に飲みに行くほどの仲には

なっていなかったと思うのです。

 

 

全部が偶然のようでいて、

結果から遡って行くと素敵な必然

だったりするわけなのですよ。

 

 

というか1回しかない人生において、

偶然なんてものはなくて、

結果として全て必然なんですけどね。

 

 

そう思うと、

なんだか全ての行動には

意味があったり、

何かにつながる伏線

のような気がするんです。

 

 

つまりは一見嫌なこと、

面倒なことなど、

色々な事象がありますが、

それらすらも何かにつながる

意味のあることのような気がするのです。

 

 

そして意味があることに気づくと、

単純に嫌なことや、

単純に面倒なことなどなくなってくる

のではないでしょうか。

 

 

過去のことをよく思い出してみてほしいのです。

全く意味のない何にも繋がらない経験なんて

ないはずですから。

 

 


生き方ランキング