実るほど頭を垂れるぼやき

年齢を重ねるごとに、成長とともに頑固にもなり、怒られなくなる。そうじゃないだろ。日々小さな気づきで少しずつ成長したい。謙虚な自分に少しでも。

「やれている」ということと「理解している」ということは根本的に違う


スポンサードリンク

何が嫌なのか。

何が辛いのか。

 

これを正しく理路整然と言語化できていたらいくらか楽なのでしょう。

 

なんというか雨が降っていれば「濡れるのが嫌」

とか言えるのでしょうが、

なんとなく曇っているような感じだと

なんか嫌としか言えないんですよね。

 

人間関係に不満はありませんし、

仕事自体だって別に不満はありません。

 

でもなんか疲れてしまったような気もします。

常にアップデートを求められるこの環境に。

 

また自分の追いつかなさが嫌でもあります。

なんとなくで戦ってきちゃった自分の限界というか、

底が見え始めているんです。

 

個人戦って感覚で結構勝負できるんですよね。

でも人を巻き込むとなると、

そこには論理とか確固たるものが必要になる。

 

なんとなくで人は動きませんからね。

 

そうすると感覚的にできていた自分というパターンの

再現性がないことに気づく。

 

言語化できていないということは、

理解していないということなんだなと最近気づきました。

 

「やれている」ということと「理解している」ということは根本的に違う。

 

浅く薄い能力を必死で引き伸ばして使っていたんですよね。

記憶の片隅にある友達の家で出されたカルピスのように。

 

以前占いで言われたことがありました。

「仕事は30前半くらいまではなんとなくでやって、

まぁ失敗もしないだろうね。

35くらいで本当の価値に気づくよ。」

 

まさしくなんとなくでした。

真面目にやってきましたけど、

やっぱりなんとなくやってました。

 

なんとなく目の前に出てきた問題を解決してきました。

長嶋監督が教えるのがあまりうまくなかったような話を聞きますが、

なんとなくわかります。

 

感覚でできてしまうことって、

それはなんとなくできるだけで、

再現性がないんです。

 

プレイヤーとしての資質と

監督としての資質が違うのはそういうことなんでしょうね。

 

まぁもちろんプレイヤーとして突き抜けられるようなタイプであれば

そういう生き方も考えるのも一つです。

 

しかしですよ。

六角形でパラメーターを作ったとしたら、

おおよそ全体的に6〜7割みたいな平均タイプは結構難しいのです。

 

バランスがいいが故の感覚的な人間というのは、

一番厄介で、なんとなくバランスがいいから表面上できてしまうし、

周りからもそこそこ評価がついてきてしまう。

 

でも中身は非常に薄い。

なぜかというと全部なんとなくでこなせてきてしまっていて、

かつどこにも突き抜けていないから、

本質を突きつけられた時に自分の引き出しの異常なほどの少なさに気づくんです。

 

どうやって生きていくべきなのか。

なんというかこれも一つの個性な気もしていて。

 

自分でこんなことを書きながら自分に心の中でツッコミを入れている。

じゃあ何かに特化すればいいじゃないかと。

 

そりゃそうだ。得意な何かを見つけて、

そこに突き抜けていくことが最善だし、

一般的で圧倒的多数が出す平均以上の答えだ。

 

それを言葉として理解することと、

本質的に自分に落とし込んでいくことには大きな乖離がある。

 

世代特有なのか、

育ってきた環境なのか、

興味が薄い気がする。

 

これというものが正直あまりない。

人並みに欲もあり、

別に無気力でもない。

 

かといって以上なほどの性欲があるわけでも、

闘争心があるわけでもない。

 

人並みにモテたいし、

人並みに社会的地位も欲しいし、

人並みにお金も欲しい。

 

全部そこそこだ。

 

しかしそこにある「無常」のようなものも

どこかで強く理解している。

 

理解というとおこがましい。

感じているという程度か。

 

無常な世の中で、どう死んでいくかを決めるレールを

歩き続ける私にとって、何かに没頭することは非常に難しいのです。

 

せめて自己承認欲求や自己顕示欲みたいなものをなくすことができたなら、

もしくは減らすことができたならもう少し高尚な人間になれるのだろうが、

そこも人並みにある。

 

だからただただ情けないのだ。

表面的にはあっけらかんとしていたって、

本当は嫌われるのも怖いし、

周りからどのように見られているのかばかり気にしている。

 

いわゆる他人のための人生を生きている気しかしていない。

ここから解放されることってあるのだろうか。

 

日本は無宗教国家だから、

あまり生きる上で答えとされるものが提示されない。

 

おそらく宗教は弱い人間に無根拠に答えと自信を与える最高のツールだ。

無根拠の自信というのは一番強い。

 

無常な世の中で根拠もいつかはなくなるからだ。

 

この時代に日本に生まれるというのは非常に難しいことなんだ。

安易に答えを与えてもくれない。

かといってそちらに走ることも許されない。

 

同調圧力が非常に強い団体で、

そこから外れることを恐れさせる何かが植え付けられている。

 

かといって本質的な答えはあまりくれない。

そりゃ弱く生まれた人間は悩むよな。

 

まぁこう生まれたことを悩んでも何も始まらない。

進むか降りるかだ。

 

まだ降りる選択は早い気がするので、

とりあえずこの道を進むしかない。

 

進むのであればつまらないのはしんどい。

ただ砂漠を歩き続けるのは辛い。

 

音楽も欲しい

隣に話す人も欲しい

いい靴も欲しいな

景色も綺麗だといいな

 

無い物はしょうがないし、

つまらないと嘆いていてもつまらない。

一つずつ調達するしかないのかな?

 

 


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク