社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

人を変えられると思っている『アホ』|馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない


スポンサードリンク

結構社会に出ると

人を変えられると過信しているアホが多いことに気づきます。

 

「勉強になります!」

 

なんて言葉の多くは刺さっていない時に

用いられているし、

早く話おわんねーかなって思っているでしょう。

 

でも話す側はいいことをした気持ちで満たされて、

また調子に乗るわけです。

 

言葉をかけるなってことじゃないですよ。

 

でも俺はありがたい言葉を言っている。

あいつを変えてやっているなんて

おこがましいことを思ってはいけないって話なんです。

 

「あいつは俺の言葉でかわった」

 

なんていう人もいるでしょう。

本当ですか?

 

もし人を変えられると思う人は

他人から何か言われた時に

自分がどれだけ変わることができるかを

考えてみてください。

 

変われないんですよ。

 

もちろん変わるための小さな小さな種くらいにはなっていますが、

そんなもんなんです。

 

馬を水辺に連れて行くことはできても、

水を飲ませることはできない

 

方向性を促したり、

水って美味しいんだよって教えることはできても

結局のところ最終的に水を飲むか飲まないかは

本人次第なんですよね。

 

本当に相手のことを思うなら、

相手を今変えようなんて思わず、

水辺の場所とか、喉が渇いた時は水を飲むといいよって

情報をそっと置いておいてあげる。

 

「必要な時に使ってね。

もしかしたらあなたには必要ないかもしれないし、

もっと素敵な答えがあるかもしれないけど。」

 

 

 
 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

 


スポンサードリンク