社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

「1日5個良い事を思い出す」とお風呂が幸せ空間になる


スポンサードリンク

ありがとうを言おうとか、

いっぱい言おうとかそう言うの

自己啓発本とかに書いてあったりします。

 

 

ありがとうはちょっと

僕には合わなかったんです。

何故かと言うとあまりにその言葉と

僕の感情に乖離があるからなんです。

 

 

で何かでみた、

一日5個良い事を言う。

ってことを試して見ることにしました。

 

 

寝る前にすると思い出す前に寝ちゃうので、

風呂に入るときに「1日5個良い事を思い出す」

を実行することにしました。

 

 

でもまぁ「1日5個良い事を思い出す」と決めても、

そんなにないんですよ良いこと。

 

 

そうするとどうするかと言うと、

無理やりちょっとでもよかったと思うことを

探し始める。朝電車に座れたとか、

本当に些細なことです。

 

 

でもそれを繰り返すと小さな幸せに

気づける体質になるんですよね。

 

 

そして

お風呂=「1日5個良い事を思い出す」場所となるので、

なんかお風呂が幸せ空間に感じるのですね。

 

 

しょうもないことですが、

繰り返して見ると意外と悪くないです。

「1日5個良い事を思い出す」

 

 

↓最近読んで面白かった本を最大で3冊くらいまで貼り付けておこうかと思います。笑

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 


スポンサードリンク