実るほど頭を垂れるぼやき

年齢を重ねるごとに、成長とともに頑固にもなり、怒られなくなる。そうじゃないだろ。日々小さな気づきで少しずつ成長したい。謙虚な自分に少しでも。

何で人を見るか。独自の視点があるとそれだけで頭一つ抜ける。


スポンサードリンク

自分の人を見る目ってなんとなく自信ありません?

 

 

僕もそこそこ自信のあるタイプでした。

しかしです。実際面接をすることがあり、

いざ何を見ようと思うとなんとなく

ぼんやりと人を見てしまいます。

 

 

あら・・?

人を見る目ってそんなになかった。

と気づきました。

 

 

そもそも人を見る目ってなんやねんと。

 

 

履歴書や、その人の資格や話し方で

判断するのであれば

それは他の人の評価と同じです。

 

 

つまりほぼみんな同じ結果になるので、

別に見る目ではないのですよね。

 

 

ってことは自分独自の目線を持って

初めて人を見る目があると言えるのでしょう。

 

 

じゃあ何で見るのかです。

 

 

力道山は背中を見て人を判断していたそうです。

 

 

つまりはその人が普段見慣れていたり、

扱い慣れたものを判断基準にすることで、

他の人とは違う独自の視点を持てる訳ですよね。

 

 

でも多分力道山のような例って結構稀有な例です。

 

 

そうすると2つ掛け合わせるという方法が

必要になる気がします。

 

 

凡人であっても少しイレギュラーなものを

掛け合わせることにより成立する訳です。

 

 

例えば話すスピードと食べる早さ

そしてそれを統計していく。

 

 

すると独自の評価軸ができてくるんですよね。

 

 

何を軸にとるかなぁ〜!

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

 

 

 


スポンサードリンク