社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。


スポンサードリンク

1日の『2/3の時間』を単に『1/3を占める勤務時間』に付随している時間と捉えていないか


スポンサードリンク

 

ある本でこんな投げかけがありました。

 

1日の『2/3の時間』を単に

『1/3を占める勤務時間』

に付随している時間と捉えていないか。

 

 

要するに1日は24時間

一般的に仕事は8時間

※実際にはもっと多いですが笑

じゃあ16時間も時間あるじゃんって話です。

 

しかし、8時間の仕事時間を中心に考え、

仕事後は明日の仕事のためとか、

明日も仕事だからとか、

仕事前も仕事へ行く準備だったり、

ギリギリまで寝ていたり。

 

完全に分離した時間と考えた場合、

16時間自由な時間を持っているわけです。

 

8時間で生産的なことをしている分、

残りの16時間は本当になににも縛られない

圧倒的に自由な時間なのです。

 

仕事に対するプロローグ

エピローグのような

16時間を過ごしていては、

時間が勿体無いのです。

 

私はこの考えを知った時ハッとしました。

 

朝なんて完全に仕事へ行く前の

準備時間でしたからね。

 

數十分だけですが、

朝に読書の時間を設けたのですが、

意外と朝の読書は

すっと頭に入ってきたりして、

効率がいいことに気づいたりします。

 

時間は有限であるということを

改めて感じなければいけないのかもしれません。

 

 


生き方ランキング


スポンサードリンク