社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

このまま進んで5人事故で死んでしまうか、避けて1人を殺すか??

 

『このまま進んで5人事故で

 死んでしまうか、

 避けて1人を殺すか??』

 

政治哲学者のサンデルさんが、

授業でよくする質問だそうです。

 

自分が電車の車掌だと想定してください。

 

今快調に電車は走っています。

しかしこのまま進んでしまうと

前方に不注意でいる5人が間違いなく

死んでしまいます。

 

待避道に進めばそちらにいる、

1人を殺してしまいますが、

5人は助かります。

 

さぁどちらへ進みますか。

 

この質問をされると多くの人は

待避道に進むそうです。

 

5人>1人

 

という図式が瞬時に頭に浮かぶのでしょう。

 

私もそう思いました。

 

しかし西村ひろゆきさんは

間違いなく5人の方に突っ込むとのことでした。

 

なぜか?

 

5人の方に突っ込めば事故の当事者

待避道に行けば人を1人殺すという

選択を自らした

殺人の当事者になるというのです。

 

この質問には答えはありません。

 

ですが後者の意見

はっとした人も多いでしょう。

 

これに関する問題は、

どちらを選ぶかではないと思うのです。

 

2つの意見を頭に浮かべた上で、

どちらかを選ぶ

ことができたかだと

思うのです。

 

意見を頭に浮かべることができなかったのであれば、

やはりまだまだ

思考の幅が狭いのでしょう。

 

私もその1人です。

 

知識もそうですが、

思考の幅を広げるというのも、

本当に価値のある大事な決断を今後

していくには大事なことかもしれません。

 

 


生き方ランキング