社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

いらいらした時は『〜で良かった』と思うと良い


スポンサードリンク

 
 
 
 
結構すぐイラっとするんですよ。
 

特に仕事中ね。
客、職場の人、上司などなど。

必ずしも自分に正当性がないことは
重々承知しております・・

だからそんな自分に悲しくなったり
呆れたり。

で、前に読んだ本で、
ある事象が起きた時に、
それを無理矢理にでも
『〜で良かった』

と心の言葉を置き換えるんだって。

例えば運転しているところに、
おばさまが飛び出してくる。

普通だったら

「クソババアが危ねぇぞ!周り見やがれ!!」

なんて思うわけですよね。

そこを
「飛び出して着て危なかったけど、何もなくて良かった。気をつけよう」

と置き換えるわけですね。

やってみると
意外と冷静になるか
ちょっと落ち着きますよ。
客観的に事実を把握できるから。

 


生き方ランキング


スポンサードリンク