社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

『自分が正しい』『相手が間違っている』じゃあ戦争はどちらかが正しかったのか?

f:id:takahakokun1011:20170718223035j:plain

 

 

あの人の言っていることは間違っている。

あの人の行動はおかしいなんて思うことがあります。

 

■相手は絶対的に間違っているのか?

 

しかしです。

確かに間違っていることもありますし、

中にはそうでないこともあります。

 

そして1つ考え方として持っておかなければならない事があるのです。

 

■相手は自分の行為を間違っていると認識しているのか?

 

それは相手はその行為、発言に対し

間違っていると思っているのかという事です。

 

答えは99%否です。

 

相手は相手なりの行動原則に従って、

正しいと思うことをしています。

 

もしくは間違っていることを含んでいることはわかっていても、

それにより得られる、

プラス面の方が強いということもあるでしょう。

 

■安易に相手を非難してはいけない

 

『相手は間違っているかもしれないが、

 相手自身は自分が間違っているとは

 決して思っていない。

 だから相手を非難しても始まらない。

 相手の考え、行動には相当の理由があるはずだ。』

 

こんな言葉があります。

 

要するに相手の立場になれば、

往往にしてそれはそれで正しいのです。

 

ただ問題はこの事実に気づいていない人が多く、

自分の視点から見て正しいかのみで判断する人

多すぎるのです。

 

■戦争映画にみる視点の違いにおける事実の相違

 

戦争映画などがいい例なのですが、

日本人が作った戦争映画というのは往往にして、

戦争の相手国が悪く描かれる事が多いです。

 

しかし、同じ題材を他国から描くと、

全く逆で、日本人とは不気味で、

殺戮をなんとも思わないとんでもない人種のように描かれます。

 

立場が変われば、

普遍的であるように思える

事実ですら違って見えるのです。

どちらも正しいんですけどね。

 

私自身口が先に動いて、

ろくに相手の立場を考えない主張をしてしまったなと、

よく後悔します。

 

皆さんも是非相手に何かを思った時は、

一旦立ち止まって、

相手の立場だったらどう見えているのかなぁ

と考えて見てほしいのです。