終電社畜の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

『時間があったらやってみるわ』って言う奴は絶対痩せない!

f:id:takahakokun1011:20170704220554j:plain

 

 

 

夏になるし。

 

■痩せたいって何年前から言ってる?

 

痩せたいって5年前?もしかしたらずっといっているかも。

 

鏡見てもお腹が本当にだらしない。

体重も年々増加している。

服の着こなしもお腹が出ているから

どんどんだらしなくなっていく。

 

こりゃぁモテないよなぁ・・と自分が

また嫌いになる。

 

■ダイエットが続くのは1週間

 

そりゃぁ1週間くらいダイエットをしたこともあったさ。

 

しかしまぁ何かのきっかけで

1日やらないとすぐ辞めてしまうわけ。

 

だってさ、続けてたことが途切れてしまうと、

それまでのことが無駄になってしまうようで。

 

そこでモチベーションがぷつっと途切れるわけ。

 

そうするとそこから半年は

また痩せなきゃなぁって思いながら

右肩上がりに太っていく生活が始まるわけ。

 

■というか続いていることの方が少ない

 

よくよく考えてみると、

ダイエット云々の前に、

人生で続いていることの方が少ないわけっすよ。

 

本当10年以上続けてることって、

生きることと食事くらい?

 

趣味にしても飽きっぽいし、

あんまり熱中できるタイプでもないわけですよ。

 

そう考えるとダイエットなんか

楽しくもないし続く要素がないわけよ。

 

■楽しちゃいけないなんて所詮洗脳

 

でも痩せたいわけ。

 

楽して痩せるなんてできないなんて

気持ちもしてるけど。

 

そういうのって先人の植え付けた、

洗脳教育というか、

日本人らしい美徳感というか。

 

楽して上手くいくことをひどく嫌う民族な訳ですよ。

日本人。

 

楽するってのは頭を使うことだと思うわけです。

 

だってダイエットしようとした時に、

頭の働いていない人は思考が止まっているから、

 

・運動

・食事制限

 

にたどり着くわけでしょ。

 

まぁここが中心になるのは

否定しないし、できないけど。

 

■多様化していくダイエットの方法論

 

でも楽したいという頭を使っている人は、

ネットなりでどんな方法論があるのか

徹底的に調べるわけ。

 

そうすると結構色々な方法論が世の中には

あるわけですよ。

 

効果があるのかは知らんけども。

 

・耳つぼ

・痩せるTシャツ

・痩せ菌

・サプリ

・コーヒー

・トクホ

エス

・断食合宿

 

まぁ他にも多分色々あるでしょう。

 

ちょっと調べただけで、

これだけのことがわかるわけです。

 

■問題は行動しないことでしょうよ

 

そしてもう問題はこれだけの情報を仕入れて置きながら、

やらないこと。

 

というか、

『じゃあ時間があったらやってみよう』

 

で終わっていること。

 

『時間があったら』 って、

リサーチする時間があって、

今これからあなたテレビみて風呂入って寝るだけだろって。

 

時間なんてあるんだよ。

ないんだったら使い方がド下手なんだよ!

※今はこれを強く自分に言い聞かせております。。

 

だって世の中の上手くいっている人なんて、

自分よりよほど忙しいけれど、

めちゃめちゃ多くのタスクをこなしているもの。

 

■判断材料が揃っているのか

 

だからこれを決めた方がいい

 

『今判断する材料が揃っているのなら、

 良いと思ったことはやってみる。』

 

材料はお金とか時間とか、

色々な要素があるのでしょうよ。

 

例えばそれに100万かかるならちょっと即決は難しいよね。

 

でもそれが1万くらいの話で、

内容的に良さそうだと思ったらやってみる。

 

まぁ金額は自分の価値観だからそれが10倍にもなるかもしれなし、

1/10にもなるでしょう。それは良いんです。

 

でも、意味もなく先延ばしにするのが一番最悪。

 

先延ばしにしたところで状況は変わらないし、

有益な情報なんかある程度調べたらそれ以上集まらない。

 

だとすれば自分の感覚でもって良いと思ったら

すぐにやってみる。

上手くいかなかったら、経験にはなるわけだし、

笑い話を買っただけの話です。

 

面白いことに飛び込んでみると、

そこの業界に精通した人と話すことが増えて、

思わぬ知識が増えたりするから、

そこから派生していろんなことに繋がったりするしね。

 

■自分の場合はコーヒーと耳つぼ

 

僕の場合は耳つぼダイエットと、

コーヒーダイエットをやってみたわけ。

 

耳つぼは想像以上に金がかかったんすよ。

半年で20万くらいかな?

 

ももう行動起こし始めたら、

そのくらいで躊躇してられないじゃない。

だから即決してやってみたら実際に7キロくらい痩せたし、

めちゃめちゃ知識のある人だったから、

ヘルス面の知識が増えてったよね。

 

■ダイエットコーヒーに行き着いたわけ

 

運動はやっぱり続かないし、

まぁできる時にはやるけど、

それじゃあぁ今までと変わらないしねぇ。

 

食事も平日の夕飯はあまり炭水化物取らないけど、

緩やかな右肩上がりでして。

 

だったら簡単に続けられそうなことで、

日常にやっていることをに置き換えられたり、

取り入れても全く手間でないことで

ダイエットしたいなぁ〜と。

 

サプリとかも本当に色々な種類があって、

もうどれやって良いかわからないし、

薬とかも飲むの面倒になるからさ。

 

それでダイエットコーヒーなるものをやることにしたわけね。

 

これが結果的にある意味でいいチョイスだったわけ。

 

『置き換えができること』

これが一番大事。

 

新たな習慣を作るというのはめちゃめちゃ大変な訳。

 

でも、今ある習慣に対してダイエット効果のあるものに

置き換えてしまうんだから、

続くとか続かないという論点は不要なわけ。

金銭的に問題なければね。

 

だからそういう観点でダイエットを取り入れられれば、

ダイエットが続かないっていう現象は限りなく

0に近づけられるのよね。

 

 

エクササイズコーヒー


 

 

自分の場合は今これを60日間くらい続けてるのかなぁ?

結果はちょい痩せたかな?笑

くらいなもんだけど、

やっぱり続けられてるっていうことが

自信になっているよね。

 

脳にダイエットを続けられているって、

インプットさせることができているから、

それだけで価値があるかなぁと。

 

次は痩せるTシャツいいの探して買いたいな。

 

痩せるスマホとかあったら面白いのになぁ。笑