社畜会社員の『生活』『疲労』改善プロジェクト

終電、満員電車、安い飯、短い睡眠時間。そこからくる疲労、ストレス心の闇。まずは生活と疲労を安定させれば何か変わると思うのです。一緒に一歩進みましょう。

他人を軽視してない?『ちょっとできる奴』が陥りやすい罠

f:id:takahakokun1011:20170706215709j:plain

 

 

仕事

恋愛

趣味

 

生きるということは色々なタスクが

複雑に絡み合って成立します。

 

何かが急にうまく行き出す時って

長い人生を生きているとありますよね。

 

そしてそんな時に周りを見渡すと

いつまでも足踏みをしているような人・・。

 

■周りには色々な人がいる

 

そんな人を見て、

 

・馬鹿だなぁ

・仕事できないんだなぁ

・要領が悪いなぁ

・出世できなさそうだなぁ

 

なんて思ったりしますよね。

 

普通の人はしないのかな?

私は正直こんな思いを結構抱いてしまいがちな

人間です・・笑

 

■まんまと人生の罠にはまることもある

 

仕事がうまくいきだしたりすると、

上司や先輩の無能さにがっかりする時も

あるでしょう。

 

そんな時多くの若造は、

そんな上司を軽視して侮蔑します。

 

そう。私のことです。

 

中には本当にどうしようもないことを

言われることは確かにあります。

 

しかし、だからと言って

全てを軽視してしまうのは、

小手先で上手くいった若造のやる

一番愚かな行為だと私は気付きました。

 

ある言葉をきっかけに。

 

■私が他人への軽視を改めた一言

 

『誰しも生き抜いてきた

 人生があることを知らない無知さ』

 

この言葉を見たときゾッとしました。

 

例えば私が軽視していた40代の上司。

 

この上司は結婚をし、

子供もいて、私より10年以上長く勤めているわけです。

 

そして私が見ているその上司は一部でしかなく、

もっと多くの経験をしてきているのです。

 

私はここ数年の上司しか見ておらず、

その言葉のバックボーンすらも感じ取ろうと

していなかったわけです。

 

そして今の一瞬だけを切り取って、

私はこの上司はできないだとか、

何もわかっていないなどとわかったような

気になっていたわけです。

 

 

周りには本当にいろんな人がいます。

尊敬してやまない人や、

本当にどうしようもないと思える人もいます。

 

どんな人にも生き抜いてきた人生があるんです。

 

その過ごし方は違えど、

その価値を誰も否定などできるはずがありません。

 

皆さんは他人を軽視していませんか?